基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【梅雨に波がないのは前線を読み違えているから】


梅雨前線を天気図で見つけることは簡単。

ゴールデンウィークが終わる辺りから沖縄付近に出来る、上向きの赤半円と下向きの青三角が、交互に線上に連なることで停滞している意味を表す記号…これが梅雨前線。

この前線の上(北)側がややひんやりした春の空気、下(南)側が暑い夏の空気。


梅雨の時期でない通常の天気図に描かれるような前線は、気温のコントラストのある所に気象庁予報官が引く。


気温差があって空気がぶつかっているとはつまり風が変わる所。

風は波を生むから波乗りをする上ではとても大事な情報。



それに比べて梅雨の時期の前線は気温のコントラストでなく、湿度が集中している所に見当をつけて気象庁予報官が引く。

つまり「ここ雨の素となる水蒸気が多いので大雨注意」の意味。

風ではないので波と関係が薄いのだ。


大体梅雨前線の北側は北東風で南側は南西風だが、強さは計り知れないので波の予想が立たない。

更に、梅雨前線は南側からのウネリをブロックしてしまうので台風が梅雨前線の南に出来ても波の反応は弱いから、もう北東ウネリ頼りとなる。


あるいは、梅雨前線がへの字に折れ曲がって低気圧が生まれた時こそ風が明瞭に吹き、サイズアップする兆しともいえる。






TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.886485秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo