基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【梅雨に大雨が多い時、台風が出来にくい構造になっている場合がある。】


2021年は5月になっても台風は2号まで。

2020年は5月になってやっと1号だった。

ちなみに、7月になるまで台風が一つも出来なかった2016年という年もあった。


近年の梅雨の研究の過程で台風が生まれにくいケースが見えてきた。

インドの季節風モンスーンが関係している。


モンスーンは北半球が夏に向かう時、圧倒的に北側に陸地が集中している北半球では大雑把に言えば陸地側が温められて、その上にある空気が膨張し上昇。

それを埋め合わせるために赤道側から空気塊が動き、地球の自転の影響で南風にならず南西風になる事から生まれる。



近年の研究では、エルニーニョ現象が収束した年の初夏は特にインド洋の海面水温が高く、これがモンスーンに乗って日本まで流れてきて大雨の梅雨となる。

加えてインド洋の昇温は太平洋高気圧を西に引き込む力もある。


海面温度の上昇で出来た上昇流がフィリピン東海上に下降して、ここで圧力が高まり太平洋高気圧が西に引っ張られたような天気図になると、ふだん台風が生まれるフィリピンの東海上が高気圧帯のなると対流がたたなくなる。

それこそが大気が海を駆動し、台風発生にストップをかける構造。


ただ、晴れて日差したっぷりのフィリピン東海上は海水温はガンガン上昇しているから、2016年のように7月の梅雨明け直後から台風が沢山出来て一気に平年並みの26個(年)に追いつく事がある。


まとまっていくつも同時に発生する台風は波が乱れるから、じつは波乗り向きではない。






TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.245898秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo