基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【初夏のころ、意外にオンショアが吹かない場合】


近年の気候変動で地球は温暖化に向かいやすい傾向だが、冬半球の間は日の当たらない時間に寒気エネルギーは極(南極や北極)付近を中心に蓄積される。

いわゆる寒気の吹き出しが少なかった暖冬の時、消費しきれなかった寒気は春から初夏の間も地面付近に滞留冷気となって残りやすい。


滞留冷気は冷たくて重いので目に見えないが、ドーム状に陸地に溜まる。

夏場は、太陽の熱が地面を温めたらすぐに海からのオンショアが吹いてしまう(だから朝一を皆狙う)。



滞留冷気が沿岸を覆う時、海からの風はドーム状の滞留冷気の上を滑昇するのでオンショアになりにくい。

圧倒的に海風が強くなると滞留冷気は飛ばされてしまうが、それまで海面は日差しのわりに風穏やか。

ラッキーな面ツル。


滞留冷気は寒くなり切らなかった冬の忘れ物なので真夏にはもうなくなってしまうが、春から初夏や梅雨の間に沿岸部で意外にひんやりする場合、あなたは滞留冷気ドームに覆われている可能性が高い。

そんな時はオンショアが弱いか遅れる兆しなのである。







TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.861229秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo