基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【4月に800ヘクトパスカル台に勢力を強めた2021年台風2号】


2021年4月14日カロリン諸島で発生した台風2号。

発生タイミングや場所はほぼ平年並みだが、その4日後、史上最高の発達を遂げる。


フィリピンの東海上の北緯15度あたりに達した時、中心付近の最低気圧が895ヘクトパスカルを記録。

1月から4月に発生した台風では観測史上初の800ヘクトパスカル台の最強台風となった。



台風の強さを示す指標は「猛烈」、米軍表記では「スーパータイフーン」。

地球温暖化による気候変動で、海の温度が冬場も下がり切らなかった事がその理由として挙げられる。


春といえば日本付近を通過する二つ玉低気圧での波乗りが基本だが、今回は猛烈台風からの南西ウネリが西日本からヒット。

台風2号はその後北上せずそのまま東に進んで温帯低気圧化した為、クローズせずサイズダウンしてゆく。


たいていの波はいろいろな方向のウネリが重ね合わさって出来るが、今回は純粋な南西ウネリのみだったので各ポイントごとに南西ウネリだとこうなるんだという素晴らしい気付きが得られたはず。

例えば鎌倉稲村ガ崎だったらアウトサイドはサイズアップするがインサイドは全く反応しない(あ‼先輩古老の言う通りだ)とか…。


ただ、あんな猛烈台風が春に出来るようではこの先台風被害が思いやられる。






TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.239354秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo