基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ

きた~!噂通り、ソリッドな8-10ft!!パイプマスターズもON!!
車に積んである板は全て降ろし、飲み水やちょっとした食料とキャップにサングラス、そして双眼鏡で、ギャラリーの準備は完了。出発したまでは良かったのだけど・・
エフカイビーチパーク周辺は、車を停める隙は全くなし。相当ウロウロしていたけど、やはりたった1台も駐車出来るスペースは見当たらず、しょうがないのでモンスターマッシュくらいから、ひたすら歩くことになった。


その甲斐あって、素晴らしいショーを見学することが出来た。やはりWCTのサーフィンは凄い!彼らが入っている海は、まるで違うというか、もしかしたらクローズしているような波でも、良い波に見せてしまうマジック。スピッツと共に外界へ飛び出し、パイプ・バックドア共に、バレルの応酬に興奮。彼らの動きは、エントリーからパドルアウトまで、海の中での全ての動きが勉強になる。
いかにもサーフィンをやらない感じの観光客風のギャラリーでさえ、かなり興奮しているのを肌で感じた。
ラインナップでは一体どんな会話をしているのだろう。双眼鏡で覗いていると、手にとるように行動が見えるのだ。
僕らはOTW側に陣取った。何故なら、お気に入りのサーファーは、きっと、バックドアの凄いのをメイクしてくると思ったから。
予想は的中!本当に深くてヤバいバックドアで、パーフェクト10まで叩き出しちゃった!

中には家の中から大きなソファーを持ち出し、ビーチがリビングになっているロコも居たりして。女の子がwaterを$1で売っていたので呼び止め、無いとは分かっていながら、一応beerはあるか訊ねた。ビーチでアルコールを飲むのは禁止なので、もちろん売ってなかったケド、冷えた水は、凄く気持ち良く体に染み込んだ。

ビーチには裸同然の女の子がいっぱい居て、綺麗な娘は、双眼鏡で覗く。そんな僕らは変態か?!

日本中、はたまた世界中の友人とも、偶然このビーチで再会出来たり、やっぱりパイプマスターズは楽しいな。

試合の方は、終了が差し掛かってきた頃、ドラマティックな見せ場があり、脚本を書いたって、ここまで盛り上がる展開はそうそう思いつかないだろう。ワールドチャンプの経験のある二人の選手が、互いに過激に攻めまくり、上手く息も出来ない興奮の中、バックドアでパーフェクト10をスコアした選手の方が優勝!という結果で幕を閉じたのだった。

僕はゾクゾクして、本当に鳥肌が立っていた。ビデオカメラを持っていないのがちょっと悔やまれたような。でも、撮影しながらファイダー越しにこの試合を見るより、最高のサーフィンを肉眼に焼き付けることが出来たことに感謝したいぐらい。僕は車に戻る間も、運転しているときも、っていうか帰っても鼻息の荒い状況が続き、夕方、歩いていけるポイントでサーフィンをした時は、スッカリ見ていた選手になりきっていた。

~ to be continued ~

この物語はフィクションです






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.415863秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo