基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【波乗りを始めてどのくらいで「これ‼いい波」って言えただろう】


台風接近でウネリ始めた海面がテレビ画面に映し出されると、

「無謀なサーファーの姿が見えます」

と鬼の首をとった(撮った)ように報道されることがある。


かと思うとクローズの状態の海面を画面に映して「今日はサーファーはいませんね」とお天気お姉さん。

何度かテレビ出演者に「乗れる波の時しか入りませんよ。そもそもいい波って、風が波に向かって吹いている状態で…」とかなり真面目に説明したが全く理解されなかった。





時々本当に解っていないサーファー初心者が漂流するケースもあるが、我々はそんなヘマはしない。

サーフポイントで吹く風の向きこそ波の形や面の状態を左右する。

波の大きさよりも、海に入る入らないを大きく決定する風向こそ大切なファクターだ。


天気図を見ておおざっぱな風向きを知る。 あとはその風向きにあうポイントに思いをはせる。

経験を積めば「風をかわせる」ポイントも体で覚える。


気象庁HPアメダスは1時間おきに風データがわかるから便利。

オフショア3m/s以下か無風、オンショアでも3m/sは超えないでほしい。

風速5m/sで海面に兎が飛び始める(白くなり始める)から。


風の条件が合った時ゾクゾク出来ればいいぞ!

もう誰にも理解されない重症者だ。






TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.376505秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo