基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【東日本が女梅雨、西日本が男梅雨なんて男女平等が言われている今あまり使われない表現】


天気図上に描かれる梅雨前線で、どこに雨が降るかを指し示すのは気象予報士試験でよく出る。


停滞前線の場合はその前線から300㎞北側がシトシト雨。

また前線が北側にへの字に折れ曲がっている(専門用語でキンクという)場合は、への字の山側の右側がしっかりした雨域となる。


直線的な停滞前線は、長い距離を北東風と南西風がぶつかって雨となり、東日本で多い陰性の梅雨の代表的前線。

北成分と南成分の風がほぼほぼ釣り合っているので、海上にある場合はウネリをブロックする事も。



北側はオホーツク海高気圧からの北東風で、北日本は東ウネリ、東日本太平洋側は北東オフショアになるが波はプアー。

一方、東南アジアの雨季と直接連なっている西日本は陽性の梅雨になることが多い。


キンクのへの字の南側は強い南西風で、モンスーンの高温多湿な気塊が低気圧を強め波がサイズアップ。

への字の山側の左側は北西風でキンク通過後は面を整えてくれる。


シトシト降るのは「線」、ザーッと降るのは「点」で、低気圧が停滞前線上に発生したサインなので波は期待できる。

いわゆる「梅雨の中休み」の後は東日本の陰性の梅雨も陽性に変貌するケースがある。





TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.721177秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo