基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



宮崎木崎浜で開催中の2019 ISA ワールドサーフィンゲームスでは大会6日目が終了し、オーウェン・ライト、ジュリアン・ウィルソンが敗退するなどの波乱がありました。

一方で、リパチャージラウンドに回ったもののジョディー・スミス、コナー・コフィン、ジェレミー・フローレス、ミシェル・ボーレスなどのCT選手は勝ち残りを見せています。



波乗りジャパンのカノア五十嵐、大原洋人、村上舜はメインラウンドを勝ち上がり揃ってR3へ。





カノア五十嵐




村上舜




大原洋人




ケリー・スレーター



大会7日目となる9月13日はメインラウンド3からスタートし午後3時現在はメインランド5までが終了し、リパランド6がスタートしました。

リパ6ラウンドではヒート4では大原洋人が、ヒート5では村上舜が登場。


ここまでメインラウンドを勝ち上がっているCT選手はイタロ、ケリー、コロヘ、ガブリエルら。

カノア五十嵐、フェリペ・トレドはラウンド5で敗退しリパラウンド8へ回っています。



メインラウンド6のヒート組み合わせ





リパチャージラウンド6のヒート組み合わせ







2019 ISA WORLD SURFING GAMES

公式サイト
https://isasurf.org/wsg/2019/en/

ライブ配信
abema TV sports-1




| サーフニュース | 03:05 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.39547秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo