基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ

ウィメンズのワールドツアー第3戦『TSB Bank Women's Surf Festival 』が開催されているニュージーランド北島のタラナキ。現地15日、メイン会場となるフィッツロイ・ビーチでR3が再開されました。

フィッツロイはアクセスがしやすく、割と安定した波があるということ。
まさにペイジ・ハーブ(NZL)とワイルドカードで出場のセラ・メイソン(NZL)らキウイガールズは、この波で育ったのです。

彼女たちのお膝元、そして勢いもついていると何が起こるのか?

なんと15歳のセラちゃんが、今期負け知らずのステファニー・ギルモア(AUS)をやっつけちゃった!

誰もがステフの勝ちを疑わなかった終了間際、会場はどよめきます。セラの前にセットが現れ、きっちり演技して逆転!!ギャラリーは弾け、大歓声。その応援はセラにも届いていた様子。

「興奮していて何がなんだか分からない。なんだかゾクゾクしているの」

地元サポーターの歓声と拍手は続きます。

「逆転波がきますように・・って待ったわ。そしてそのレフト波がきたの(彼女はレフトハンダー)
乗り終えてスコアを聞いたときは、倒れるかと思った」

地元やジュニアの枠を超え、ワールドクラスのBIGネームになった瞬間。群衆の前で、倒れなくてよかったです:)

風で波がシフトして難しいかったこの日。地元の知識と経験を生かしたのはペイジも同じ。対戦相手のレベッカ・ウッズ(AUS)に大差で勝ちあがります。

「R3をこなせて、ストークよ。家族や友達の前でQFへ進出できるなんて。このままファイナルまで行きたいわ」

ハイエストをまとめたのは、またもやサリー・フィッツギボンズ(AUS)
グラブレイルでリバースまで披露し、9.40pt!トータルでも18.07ptという好調ぶり。

「シフトしてきて、思いっきりぶつかって割れる感じが、ホームの波に似ているの。私はこんな波が好き。
ヒートは良いスタートがきれたから、BIGスコアを狙った。そのためには革新的な動きをしようって。っで、出来たの♪」

注目のルーキー、カリッサ・ムーア(HAW)は、いよいよ9位の壁を越えてQFへの進出を決めます。

彼女の未来的なサーフィンは、バックハンドで炸裂!9.17ptというスコアがついたのです。

「トリッキーなコンディションで、バッチリな場所に居ることが難しかった。最初にそのポジションで、波をつかんでいくつかのマニューバーが出来たのはツイてたわ。ただ楽しむぞっ!ってマインドセットをし、そのとおりに出来たの」

WT1年生のカリッサちゃん、全てのヒートは白紙で、学ぶことがたっぷりあるとコメント。
彼女は同じハワイアンのメラニー・バーテルズのヒートから何かを吸収していたとのこと。

そしてメルもQFへ進出となり、なんとカリッサとの対戦が決定。どんな勝負になっていくのか楽しみです。

さて、トップを独走中だったステフちゃんが、負けてしまったあとに残した言葉とは・・・

「まだまだ先は長いわ。次のシドニーに集中しなくちゃ!」

フム。いい女は常に前向き上向きですね⇗さぁ、今日もポジティブに過ごしましょうヽ( ´¬`)ノ

経過は、追ってご報告させていただきます☆T☺m☮min

TSB BANK WOMEN'S SURF FESTIVAL QUARTERFINAL MATCH-UPS
QF 1: Melanie Bartels (HAW) vs. Carissa Moore (HAW)
QF 2: Paige Hareb (NZL) vs. Sarah Mason (NZL)
QF 3: Sofia Mulanovich (PER) vs. Sally Fitzgibbons (AUS)
QF 4: Chelsea Hedges (AUS) vs. Silvana Lima (BRA)

| サーフニュース | 01:53 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.298475秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo