基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

昨日、ASP・WCTメンズ第3戦『Billabong Pro Teahupoo』がタヒチで開催されました。会場となるチョープーの波は、始め3-4ftくらいでしたが、たまに5-6ftくらいのセットが入る時もあったようです。弱いオフショアが吹いてクリーンなバレルコンディションの中コンテストが進行されていました。見る側としてはチョット物足りないサイズにも見えましたが、さすがWCT選手!十分に見応えのある試合でしたよ!



この日のハイエストポイントを出したのはディーン・モリソン。

腰の怪我から復活してようやく本調子が出た感じでしたね。

通常よりも奥のポジションからのテイクオフでプルイン。ディープなバレルをメイクして9.0ptを出しました!
写真を見れば分かると思いますが顔つきも真剣そのもの!

ヒート中はポジショニングとセットの波にはかなり集中していたそうです。

その後も8.0をマークしてラウンドアップを果たしています!



そしてセミリタイアしていたアンディー・アイアンズがワイルドカードで久々の登場!

初っ端の1本目からクールなスタイルでバックハンドのチューブを決めて8.67ptを出しました。とてもリラックスした感じでコンテストを楽しんでいる様子でした。

4ヶ月振りの大会出場となったアンディーは『まだゼッケンは体系に合っているよ』と冗談も言っていました。勝ち上がったことの喜びを久しぶりに味わい、次も勝ちたいと意気込みを見せています。

次はビート・ダービッチと対戦予定なのでどんな戦いとなるかが楽しみ。



そして、地元の声援を多く受けるローカル・タヒチアンのヘイアリ・ウィリアムスはトライアルで見事優勝を決めて本戦出場の切符を得た選手。

さすがロコボーイ、波を知っているので良い波だけをしっかりチョイスして、トータルスコアを14.17pt でハワイアンのケコア・バカルソを抑えて勝ち上がっています。

次の対戦相手は、現在ランキングトップのジョエル・パーキンソン!このヒート組も面白そうですね!

さて、今回のWCTは新フォーマットで行われたため、R1からいきなりサドンデスとなってしまうのが恐ろしいところ。クリス・ワードはインターフェアでまさかの敗退!クリス・デビッドソンやディーン・レイノルズ、ブルーノ・サントス等は早くもこのラウンドで姿を消すこととなってしまいました。



今日はLay Dayとなって試合は行われていませんが、いよいよ次なるR2からはケーリー・スレーターやミック・ファニング、タジ・バロウにCJ、ジョディー・スミスなど豪華な顔ぶれが続々と登場してきます。



これはLIVEを絶対見るしかない!皆さんもぜひ、チョープーの迫力満点な波で世界のトップサーファー達による素晴らしいライディングをチェキラしてみてください!

http://www.billabongpro.com/tahiti09/







PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.063639秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo