基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

こんにちは今日も時より雨が降ったりでジメジメしてますねー

スカッと晴れた日が待ち遠しい今日この頃です!



さて今週は先週からの引き続き、太陽光線について少しお伝えします。

昼間の空はなんで青いのか?夕方の空はなんで赤いのか?そんな疑問を持って少し勉強しました。 簡単ですがお話し致します。


まず空が青かったり赤かったり見えるのは、太陽光線の中で人間が見る事の出来る可視光線の散乱によるものとされています。

この散乱の事をレイリー散乱と言って、太陽光線の波長が衝突する粒子の直径より遥かに大きい場合に起こる散乱という意味で、光が地球大気層を通過する過程で、その波長よりも遥かに小さい空気の分子に当たって光が散乱されます。また波長の短い光ほど散乱されやすいと言う特徴から、短い波長の青色が強く散乱されて、地球が太陽に近い時間帯(昼前後)は空が青く見えるとされています。
次に夕方や早朝は、太陽光線が角度を持たずに(低い角度から)入射することで、それだけ通過する地球大気層が厚くなることになります。その為、短い波長の青などは散乱されつくしてしまい、最後に残る可視光線の中でも波長が長く、散乱の弱い赤色や橙色の光が残り、早朝や夕方は赤く見えるのです



ここで今週もまたびっくり事項です(自分だけとは思いますが)

火星の昼間は赤く夕方は青いんです!僕は知りませんでした!

火星の場合、大気が薄く二酸化炭素が主成分で、レイリー散乱の効果は小さいく、それ以上に大気中には吹き上げられたり流星として飛び込んできた微粒子がただよってる関係上、地球とは異なっている様です。



興味のある方は詳しく調べて見て下さいね!


今日も最後までお付き合い頂き、ありがとうございました!

ではまた!



                              藤子・F・藤野

火星の昼間


火星の夕方






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.82537秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo