基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ

『A description of Bali stay』  vol.14

ボートトリップへ行けば、どの向きのウネリでも拾えると言う。また、嘘か真か、目的地の近隣の島では、僕らのお爺さんくらいの代まで、人を食べていた(!!)とか、黒魔術を恐れている等の噂を聞いてしまったので、不思議な感じがする、エキゾチックな知らない土地へ行く事も楽しみでしょうがない。何はともあれ、当分の間はサーフ漬けになるのは確実だ。

このまま、もう海には入らず、ゆっくりと荷作りをして、しばらく食べられない、陸でのディナーを楽しむことに決めた。 

サーフムービーで見ていた波。突然、自分にも乗れるチャンスが訪れるなんて!仕度をしながら、お気に入りの写真が載ったサーフ雑誌を見ては、ニンマリ。そんな事を繰り返していると、一緒にボートに乗るワヤンがやってきた。隣の部屋の友人も一緒に、昼BEERをしながら、明日の事を色々と決める。ワヤンは、これから目指す波がどれほど素晴らしいかということをアツく説明してくれて、アルコールも効いてるのか?!テンションは上がる一方!僕たちは、デンパサールの空港でおちあう事になった。



別に最後という訳ではないのだけど、一応、町でのラストナイト。ボートの上では必要ない、スニーカと靴下を身に付けて、あえて人が集まるレストランを徒歩で目指した。ボートの上では食べられないであろうと思われる、窯焼きピザなどを頼む。視界にはどうしても、斜め前のテーブルにいる、色んな国がMIXしたような、エロくてゴージャスな女の子が目に入ってくる。いい匂いもする。でも、男連れだ。つきない欲求を全て満たすことって、現実に出来ることなのかなぁ?

ゴージャスガールは、美味しそうにビンタンを飲みながら長居していたので、僕らもデザートまで頼んで、彼女をしっかりと盗み見して楽しむ。ラストナイトも、視覚と味覚と嗅覚の満足を味わうことまでに留めて、部屋に戻ることにした。


~ to be continued ~



この物語はフィクションです






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.084811秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo