基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ


A description of Bali stay』   vol.9

町に滞在できる日数は、限られてきた。
とりあえずは風が入る前にと、一番近いリーフを朝から目指すことにした。

2000Rp支払ってゲートを開けてもらう。最初に見えたピークは、沢山の人。ビーチまで歩いて奥までポイントを見渡しても、人・人・人!!
それもそのはず、目の前ではワールドクラスのサーファーが、三脚の立つ中セッションしていたのだ。
とりあえずネスカフェとジャッフルを頼んでギャラリーに回ることにする。
深いボトムターンから、巨大なスプレーを上げるリッピングに、早送りのようなアップスからのエアー、トリッキーでスピードに乗ったそのサーフに、釘付けになる・・・自分の中では、すっかりそのラインどりをするつもりで、ヤル気は満々。

朝食後、お腹が休まってきた頃、少し風が吹いてきた。それと同時に、一斉にラインナップからは人が引いた。

僕らの出番!とばかりに着替えてワックスアップ。気分は完全に、先ほどまで見ていたサーファーだ。その気になって波に乗りまくる。少し風の影響が出始めているケド、十分遊べるじゃん!


海から上がると、午後はもうサーフする気はなかった。
昼ビンタンを決め込み、i-podをスピーカーに繋いで昼寝。
あえてエアコンはつけず、窓を開けて外の風を入れた・・・・しばらくは記憶をなくし、いつのまにか深い眠りについていた。



   ~ to be continued ~




この物語はフィクションです






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 2.366946秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo