基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ


ウェスタンオーストラリア・マーガレットリバーで開催中のASP・WQSメンズ6☆『Drug Aware Pro』は、現地5日(日)にファイナルデーを迎えました。
会場となるサーファーズポイントは、前日よりサイズダウンして3-4ftサイズのオフショアが強めに吹く中、コンテストは行われた模様。
今日はR5となるRof16のH5からスタート。次のQFへ進出を果たした選手は、ダニエル・ロス(AUS)、ブランドン・ジャクソン(ZAF)、ワーウィック・ライト(ZAF)、ディオン・アキンソン(AUS)、アダム・メリング(AUS)、ブレイク・ソートン(AUS)、元WCT選手のルーク・ムンロ(AUS)やジェイ・トンプソン(AUS)等が勝ち上がり、オーウェン・ライト(AUS)、ブレッド・シンプソン(USA)等の若手や、現役WCT選手のアリッツ・アランブル(EUK)などはR5で惜しくも敗退となっています。


QFのH1からはダニエル・ロス(AUS)がブランドン・ジャクソン(ZAF)に差をつけてSFへ進出。
H2では元WCT選手のルーク・ムンロ(AUS)対ワーウィック・ライト(ZAF)の戦いでルークが勝ち上がり、H3からはディオン・アキンソン(AUS)が元CT選手のジェイ・トンプソン(AUS)を破って見事準決勝へと駒を進めた。
H4 からはアダム・メリング(AUS)が本日のハイエスト・トータルスコアの17.67ptを決めて、ブレイク・ソートン(AUS)に大差でセミファイナルへと勝ち上がり、続くSFからは勢いに乗ったダニエル・ロス(AUS)がルーク・ムンロ(AUS)を抑えて決勝進出。
H2からは好調なサーフィングを見せるアダム・メリング(AUS)がディオン・アキンソン(AUS)に差をつけてやはりファイナルへと勝ち進んだ。

決勝ではダニエル・ロス(AUS)対アダム・メリング(AUS)の対戦で、前半はダニエルが先制をしかけてまずは6.0と6.77とまずまずのスコアを出す。対するアダムは1本目からスピードに乗ったキレの良いライディングで8.67と高スコアをマーク! 2本目も6.07とリードする形になるが、中盤に入ってダニエルがテイクオフ。大きなスプレーを飛ばしてビッグカービングやスナップを繰り返し、アダムを上回る9.43のハイスコアを叩き出した!
ジャッジの中では10ポイントをつける人もいるほどのインパクトがある1本を決めて逆転! 後半は焦りも出たのかアダムはワイプアウトも目立ち、更にダニエルにマークをされて良い波がつかめず試合は終了。
今期初のWQSビッグイベントで勝利を決めたのはダニエル・ロス(AUS)となった!

ASP・WQSメンズ6☆『Drug Aware Pro』最終結果

 優勝 :Daniel Ross (AUS) 16.20
  2位 : Adam Melling (AUS) 14.74

  3位: Luke Munro (AUS)
     Dion Atkinson (AUS)

  5位: Brandon Jackson (ZAF)
     Warick Wright (ZAF)
      Jay Thompson (AUS)
      Blake Thornton (AUS)
| サーフニュース | 03:39 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.072358秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo