基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ


How zit's surfer?ハイ皆さんお元気でしょうか?

先日に引き続いて、またもや朝からラニアケアへとサーフィンに向かったのだった。
あの田嶋プロのサーフィンを見て以来何だか落ち着かなくて、ソワソワして寝るに寝られなかった夜。
朝も暗い内からゴソゴソとスケッグを付け替えたりボトムを拭いたりと、まるで初めてサーフィンに行く時みたいに。
今日乗るであろう6’2’を持ってドアの前で待っていた。誰でも良いから1番先に起きて来たヤツと一緒にサーフィンに行くつもりだったのだ。

その間にどうしてこんなにソワソワしていたのか?わかった気がした。あのリップを見て以来サーフィンに行きたくて行きたくてしょうがなかったんだなってさ。
と、その時ドアが開き顔を出したのは金田輝士プロだった。

「しっ静かに!おいサーフィン行こうぜぃ!」と15分後にトラックでと合図して、少ししてトラックに乗り込む。
これには訳があってうちには沢山泊まってくれている人が居るのですよ。もし皆が目を覚ましたら連れて行ってあげないと可哀想だし、連れて行くとなると7-8人になっちゃうし、しかもこの日は混雑日曜日。

と言う事で、取り敢えず朝一サーフィンをしにラニアケアへ、トランクスだけで飛び込んだまでは良かった。
(何かオレのリポートっていつもこのパターンみたい、大体いつもいいのは始めだけね全く!)
2人で今日は大丈夫だろうとポイントの右側から回り込もうとパドルしたのだったが、ボードも短いかな?と思ったけど、既に「あかん!短過ぎる!」と後悔していた。
あれっ輝士は?と見回すと左少し後ろで漕いでいたはずだったがっ、次のセットでもう右側からはもう絶対に出られない所まで巻かれ、大きくもう一度レギューラー側から迂回して来なければならなかった。
おっさすがプロは違うな~アイツ抜けて行きよったと感心していたので、後で聞いたらヤツも結局迂回して来たと言っていた。
「何やそれ!やっぱり6’0”やったら短い?」と聞いたらコクンコクンと、もうわかったと言う位何回もうなずいていたのが可笑しかった。
続く~Nick
| サーフニュース | 03:01 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.981561秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo