基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



快適なサーフィンライフをサポートする「SURF RESQ(サーフレスキュー)」より、

“リーシュ切れ“という不測の事態を回避するマジックパーツがリリース!!



続きを読む▽

投稿者: 管理者

【まずシリアスな場合は逃げてください。日本海がサイズアップするときミサイルは飛びにくいのでは?】


2019年7月25日早朝、北朝鮮が東海岸の元山(ウォンサン)から短距離ミサイル2発を発射した。

気圧配置は上層に寒気があるものの、等圧線の間隔は広めで弱南西風、上層寒気の影響で夕方雷が鳴るので安定している朝に発射したと見る。

早朝約690㎞飛行して日本海に落下したミサイルについて北朝鮮当局は「韓国の戦争屋たちへの重大な警告」と説明。

8月に行われる米韓軍事演習に向けての威嚇であろう。


北のミサイルが飛ぶときはこうした「軍事演習への警告」か4月15日金日成の誕生日だから、翌日の16日に2016年2017年と二年連続で打ち上げたような「記念日」のどちらかに大別させる。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: Tomomi Fukaya



WSL・CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』は、タヒチ時間28日。
いよいよファイナルズデーを迎えました。

朝は前日と同じ様なサイズに見受けられるも、実際はサイズダウン。
とはいえイベントに十分過ぎるほどの強烈バレルがそこにはあり。

クォーターファイナルからファイナルまでを、無事に進行。
本当にどの選手も大きな怪我などなく、まずは一安心ですね。

続きを読む▽
| サーフニュース | 03:50 PM |

投稿者: 管理者



あらゆるライダーが求めるフィーリングに対応すべく、3つのコンセプトにカテゴライズされた話題の『Legacy』モデル。

待望のFシリーズよりトライフィンが2サイズ同時リリース!



続きを読む▽

投稿者: Tomomi Fukaya



タヒチ時間27日。
WSL・CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』が開催されているチョポに、本気のスウェルが到達。

いよいよクォーターファイナルへ進出する、8名が確定となりました。





続きを読む▽
| サーフニュース | 01:11 AM |

投稿者: Tomomi Fukaya



フレンチポリネシアのタヒチでは。
現地時間24日、CT第7戦『Tahiti Pro Teahupo'o』いよいよが開幕です。

会場となっているのは、激掘れ凶暴レフト波で名を馳せるチョポ。
このTeahupo'o、人によってチョポとかチョプとかチョープー等、色々な発音がありますが。


続きを読む▽
| サーフニュース | 03:32 AM |

投稿者: 管理者

【上に伸びる台風か横に広がる台風かそれが問題】


台風の大きさと強さの違いはしっかり理解せねばならない。

大きさは風速15m以上の強風域の半径が500から800㎞の場合に大型とよび、半径800㎞オーバーの場合超大型となる。


超大型とは直径が1600㎞を超えるわけだから日本列島全部を覆う大きさ!

横に広がるほど台風自体の風の影響が出やすい。

これまで何度ウネリはあるのに風をくらっていて残念な思いをしたことか!!


理想的なのはメチャクチャ強いのに小さい台風だ。


続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者

【台風にならないと進路出さないないなんてこの温暖化にナンセンスではないか】


卑怯と言われても熱帯低気圧の中心付近の最大風速が17mを超えないと台風と科学的に認定されないのでこれは仕方がない。

台風になって初めて我が国が誇る、気象庁コンピュータの台風モデルによる数値予報計算が始まり、五日先の進路や予報円や強さ大きさの予測もされる。


台風にならないと進路も出ないのが現状だが。

2019年は南海上から日本に接近した熱帯低気圧が室戸岬沖200㎞でやっと台風3号になったり、潮岬沖550㎞北緯30度線を超えるころやっと台風6号になり24時間後にはもう上陸したりと、ギリギリまで台風ではないので扱いがワンランク下であった。

続きを読む▽
| 波浪コラム | 05:00 AM |

投稿者: 管理者

ポイントパニックという言葉があるくらい、サーフィンのポイントではある条件でサーファーが一気に集まってしまいポイントが混雑しすぎてパニック状態となる事があります。

そのような時、守らなければならない基本ルール以外にも注意することはたくさんあります。

波をゆずったり周りをよく見て他のサーファーの邪魔にならないようパドルアウトするなどは基本中の基本。
特に波が通常より大きく、またコンディションが良い場合などは中~上級者を中心に楽しめるようになりますが、そのような時は万が一を考えて!


・リーシュコードの状態をチェックする
 右 コードが切れてボードが流され岸まで泳ぐ事になるし、他のサーファーに流れた板が当たったら重大な事故につながります。

・お化けセットでドルフィンが出来ない
 右 取り回しが素早く出来ないロングボードなどで、ドルフィンやローリングスルーを余儀なくされた場合など、簡単にボードを手放してしまうのは大変危険です。出来るだけボードは手放さないようにするか、ドルフィン出来ない場合は技量にあってないコンディションなのであきらめて海からあがりましょう。

・そもそも自分のレベルにあった波なのか観察する
 右 初心者の方などは無理に混雑しているポイントには入らないように心掛け、上手いサーファーが楽める一定のコンディション以上の場合はギャラリーに回ってハイレベルなサーフィンを見て楽しむのも良いでしょう。


そのほか、いろいろ注意する点はありますが、以上の事を念頭におきケガや事故のないよう楽しくサーフィンしてください。


投稿者: 管理者


(C) WSL / Sloane


9月7日~15日の期間、宮崎で行われる2019年ISAワールドサーフィンゲームス。

2020年の東京オリンピックへの出場資格選考も兼ねた本大会では、CT選手も多く参加する中、去就が注目されていたケリー・スレーター(USA)がいよいよ参加を表明した。

アメリカチームではジョンジョン・フローレンス(HAW)の欠場を受けて、ケリー・スレーターが繰り上がり選出となっていた。

サーフィン競技でのオリンピック出場は誰もが憧れるが、11×ワールドチャンプにとってもオリンピック出場は大きな夢である事に間違いはない。


今年47歳となったケリー。

9月に行われるCTは全部で2戦あり、8月21日~9月1日には第7戦タヒチ チョープ―、そしてWSG終了後には9月19日~21日の日程で第8戦カリフォルニア レモアでのワールドサーフリーグを戦う過密日程なだけに、体力的にもかなりタフなコンディションとなる。



続きを読む▽
| サーフニュース | 04:15 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.944827秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo