基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



12月9日発売のサーフィンライフ2023年1月号巻頭特集は「This is Channel Islands Surfboards」と題してブランドのCEOでありヘッドシェイパー、ブリット・メリックのインタビューとサーフスタジアムでのチームセッションの模様をお届けする!!

そのほか、CTサーファー「コナー・オレアリー」のインタビュー、コナーと日本人トッププロとのセッションも掲載。第二巻頭特集は “来年こそ!”をテーマに「来年こそ海外旅行に行きたい!」 「来年こそ、カラダを鍛えたい」 「来年こそ新しいボードを買うぞ!」 「来年こそあのアクションをメイクする」 「来年こそ大会で勝ちたい」 etc、プロ、アマ問わず、みんなのサーフィンの“来年こそ!”に役立つ情報をお届けします。


This is Channel Islands Surfboards



サーファーならば知らない人はいない老舗のサーフボードブランド。1969年から50年以上の長きにわたって世界のトップサーファーたちを幾度となくワールドタイトルに導いてきた。現在は父、アル・メリックからシェイプのイロハを学んだ息子のブリット・メリックがヘッドシェイパーを務めている。本誌では現在のチェネルアイランズサーフボードを牽引する ブリット・メリックの独占インタビューに加えてブランドの豪華ライダー陣によるサーフセッションを単独取材した。




来年こそ!



気づけば今年も大詰め。1年を通して、サーフィンに没頭できた人、なかなかサーフィンできなかった人、色々といると思いますがいい時も悪い時もあって、それこそがサーフィンライフ。その人たちそれぞれにサーフィンライフがありますが その誰もがきっと“来年こそ!”という思いをポジティブなエネルギーにしていることでしょう。

2022年最後のサーフィンライフのテーマは“来年こそ!”。「来年こそ海外旅行に行きたい!」「来年こそ、カラダを鍛えたい」「来年こそ新しいボードを買うぞ!」「来年こそあのアクションをメイクする」「来年こそ大会で勝ちたい」etc…。プロアマ問わず、みんなのサーフィンの“来年こそ!”に役立つ情報をお届けします。




確かな自信を胸に2023年シーズンへ
AIMING HIGHER. Connor O’Leary




エリートツアラーのコナー・オレアリーはシドニーの南に位置するニューサウスウェールズ・クロヌラ出身で、母親は元JPSAグランドチャンピオンの柄沢明美さん、父親もサーファーというサーフィン一家で育ち、CTのジャージの肩には右側にオーストラリアの国旗が、左側には日本の国旗が記されている。体格は典型的なオージー、繊細な性格は日本人の血からくるのかもしれない。エリートツアーに2017年にクオリファイし2018年にCTから陥落するが2021年シーズンより再びCTに返り咲く。強豪選手がひしめき合うなか 2022年シーズンはキャリアハイの9位で終えた。 そんなトップ10 ランカーの彼が束の間のオフに帰国したタイミングでインタビューを敢行した。


ほかにも!
今からチェックしておくべき未来に輝く注目のキッズ・ボーイズ&ガールズ「FUTURE PLAYERS」/ 編集部スタッフがいい波を求めて全国を旅する「波乗りサボり旅in秋田・青森」 / 「旅好き会社員の言いたい放題」  / 「NEW SWELL〜乗っていきたい新潮流」 / 「SL PICKUP」などなど盛りだくさんの内容で皆さんのサーフィンライフを全力でサポートいたします!




【お問合せ】
ダイバー株式会社(Diver inc. )
サーフィンライフ 企画営業部
SURFIN’LIFE Planning and Sales Department

instagram: surfinlifemag
facebook: surfinlifemag
twitter: surfinlifemag









PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.892777秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo