基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【蝦夷梅雨とは梅雨のないはずの北海道に梅雨前線がかかり愚図つく現象】


気象学上は小笠原諸島と北海道には梅雨がないとされている。

理由は梅雨の気圧配置が梅雨前線を挟んで南側に小笠原高気圧(太平洋高気圧とも言う)、北側にオホーツク海高気圧があってこの二つの高気圧の押合いによる摩擦が梅雨前線を作る。

押合いは必ず小笠原高気圧が勝って夏到来となる。

夏が近づくと北側のオホーツク海高気圧の日差しも強くなり、梅雨前線の南北の「温度差がなくなり」梅雨前線は北海道にはかからない仕組み。

稀にオホーツク海高気圧が寒気を伴い、かつ小笠原高気圧が強まらない場合、蝦夷梅雨は起きる。



本州南側に夏の高気圧、北海道に小ぶりのオホーツク海高気圧が停滞した気圧配置。

天気図には描けないが、この場合オホーツク海高気圧は寒気を伴いリラが咲くころなので北海道では「リラ冷え」の北東風。

東北以南は夏の高気圧+日差しで南西風が吹きサイズアップ。


また台風が発生すると夏の高気圧の勢力が及ばない日本海に進み強い南風、北海道に大雨被害も。

特徴は蝦夷梅雨は夏の高気圧が弱いので、朝晩は風が止みやすい事。


太平洋側は前日の風波サイズアップを朝一で期待だ。






TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.121342秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo