基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【冬山の影響が海に出ている事に気づいているか? 】


2019年~2020年は気候変化が経済活動に目に見える形で存在感を示し始めた時代と言えよう。

西日本の日本海側のスキー場の話。

暖冬による雪不足でこのシーズンの営業ができない状態が続いていた福井県勝山市の雁が原スキー場は2月3日、島根県浜田市のアサヒテングストンスノーパークは17日に自己破産の準備の入った。

2000年代からスキー場関連での倒産は50社を超えているが、明確に「雪がないので営業できない」というのはセンセーショナル。



北日本と違い緯度の低い西日本の日本海側に雪が降る条件は、冬場の「鍋底寒気」が必須。

寒気を上から見た時に鍋の底のような形状をしていて寒気が強力で長く続く。


日本海側が鍋底寒気すっぽりで、太平洋側に比較的暖かい空気がある場合、北半球では寒気を左に見て風は吹く為、太平洋側は西風が強まる…これが冬場の「大西」風。

大西が冬の間、何日も続いて太平洋側もクローズする事がよくあったと記憶にないだろうか?

海岸から砂が消えてビーチが消失する案件が増えている。
海水が昇温して膨張するので水位が高い事が一般的だが、この西風が極端に減った(なくなった)事も砂が戻ってこない要因の一つではないか?

西風ブンブンのあと砂が一部やっと戻ってきてホッとしているのは自分だけか?


これってサーファーなら共有したい問題なのだ。




TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.346799秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo