基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【覚えよう‼「警戒レベル5」では既に手遅れ、あなたはもう逃げ遅れなのだ】


内閣府中央防災会議が2019年3月の指針公表で、2019年6月から市町村では警戒レベルを番号表記する事になった。

たった3か月は異例。

気象庁はそれに先駆け5月29日からこれまでの警報等に5段階の警戒レベルをつけて発表し始めた。


例えば。「早期注意情報」は警戒レベル1、「大雨注意報、洪水注意報」は2、「大雨警報、洪水警報、氾濫警戒情報」は3、「土砂災害警戒情報、氾濫危険情報」は4、「大雨特別警報、氾濫発生情報」は5といった具合。

文字だと何が重大でいつ避難すべきかわからないから数字を振ったというわけ。



警戒レベル3から「速やかに非難の準備」、警戒レベル4で「避難開始」で警戒レベル5は「すでに災害が発生してしまった」事を示す。

つまりレベル4の内に逃げ切ってレベル5はすでに安全な場所にいないとアウトという意味だ。


2018年7月の西日本豪雨では事前の避難呼びかけにも関わらず200人も犠牲が出た為、今回の警戒レベル数値化に踏み切った。

避難指示と避難勧告の違いなんか判らなくとも、4と5の数字の違いは判りやすい。


シビアな気象のすぐ隣でする波乗り。

サーファーも必ず覚えておきたい警戒レベル4になったら、レベル5になるまでに必ず避難を完了する事‼




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.437435秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo