基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【一生に一回のいい波とは平成に一回のいい波の事】


東京の時代ごとの気象記録を幾つか。

【最高気温(度)】
明治:36.6、大正:36.4、昭和:38.4、平成:39.5

【最低気温(度)】
明治:-9.2、大正:ー8.2、昭和:ー8.6、平成:ー4.0

【日雨量(mm)】
明治:171.5、大正:193.7、昭和:371.9、平成:259.5

【月最深積雪(cm)】
明治:46、大正:27、昭和:38、平成:27

ここから解るのは、温暖化して雪でなく雨が増えてゆく低気圧が増え、波がたつチャンスが多くなるトレンドであること。




1989年1月7日から2019年4月30日の約30年が平成という時代だが、この間の波はどんな印象だったか?

いい波に何回ぐらい出会ったか?

30年に一回起きるレベルの現象を、気象の世界では人間が一生に一回経験するレベルの現象と捉えているからこそ、天気の「平年値」とは30年間の平均値を採用している。


異常気象の定義は30年に一回以下の現象の事だから、つまり一生で一回も経験しないようなイメージだ。


平成は約30年間だから、この間の波の印象があなたの一生感じた波のイメージと重なるわけだ。


平成中に災害が起きた台風は全部で82個も!

台風被害とは一生で82回も起きる「よくある」現象。


大波の時だけ開催される鎌倉のサーフィン大会、稲村ケ崎サーフィンクラシックは平成元年と平成25年の2回だった。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.218909秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo