基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【冬の逃亡先、みっけ!日本の近くにこんな秘境が】


2010年あたりからサーフィンコンテストの開催地として注目され始めた東台湾。

メインポイント「東河(ドンハー)」河口の玉石ブレイクの他、ビーチブレイク、リーフブレイク等数ポイントあり。


東台湾のウネリの元は、ハワイノースと同じ西高東低・冬型気圧配置となる。

カムチャツカあたりで急速に発達する低気圧からの北~北東ウネリ。

北風になる10月から南風が吹く5月までがシーズンで基本東ウネリがコンスタントなので後は風次第というポイント選びとなる。



北東ウネリも日本の太平洋側を黒潮に逆流して東台湾に届く為、メローなブレイクとなる。


水温が高く冬場でもロンスプがあれば大丈夫で、場合によってはトランクスとタッパーでも可なのは特に水温が低い2月3月の日本の海から考えると天国!


関東からだと羽田から飛んだその日にワンラウンド出来る効率の良さも注目。

サーフィン文化がまだはじまったばかりでローカルも少ないし、そもそも旅先として未開。

サーフィンの後、クラブで騒ぎたい人はノーサンキュー。飲食店はすぐ閉店するかわり満点の星空がトリップサーファーを癒やしてくれる。

皆顔見知りの住民ばかりで夜中歩き回っても安全この上ない!


WSLの大会も定着してきたのでポイントにはシャワーが完備され始めたが、この後どんな波乗り文化が花開くか?

それは訪れる我々も影響力が大きいのだ。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.829263秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo