基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



11月27日にリニューアルオープンした鵠沼スケートパークに国際基準のコンビプールが新たに整備されたということで早速チェックに行ってきました。

国内でももちろんコンビプールは存在していますが、今回新設された”くげぬまコンビプール”は高低差3mに加え難易度の高いセクションがあり、上級者~プロ向けのプールセクションです。




一応、ルールではヘルメット着用でドロップインが出来れば入れるのですが、ドロップ後すぐにクセのあるセクションが待ち構えているので、うかつにチャレンジは出来ませんね。。





今日は平日ということもあり、最大で10名程度。ローカルの方を中心にルールを守って譲り合いながらスケートを楽しんでいました。

フロントサイドエアーシーケンス。かっこいい!出来れば周りの視線を確実に引きますね。













その中にメンズライダー顔負けの滑りを見せる女子が一人。

聞くと、2020東京オリンピックの有力候補である現役女子高生ライダーの小川希花さんにたまたま居合わせ、ワールドクラスのスケートを披露してくれました。



小川希花 Instagram Facebook







HYDRO WORKSの安藤さんには次回、HYDROライダーとのセッションを約束してくれましたので、その模様はこうご期待!

HYDRO WORKS









今回、パーク西側エリアにコンビプールが新設されましたが、東側エリアには初心者エリアやランプ、ストリートセクションもあり、まさにスケーターにとっては最高のパークとなっています。






パーク使用料金は大人300円で時間制限はありません。

小学生以下でも入れますが保護者同伴で、同伴者や見学の場合も一般料金をお支払いするシステムです。




なお、車でお越しの際は駐車場が一日1030円(11月)で利用可能です。近場にはいくつかのコインパーキングもあるので1~2時間だけスケートしたい場合はそちらを利用するとよいでしょう。











辻堂方面からサイクリングロードを江ノ島方面に進んでくるとスケパーの入り口があります。




R134は12月2日(日)に湘南国際マラソンが行われるので、湘南に訪れる方は交通規制にご注意ください。

交通規制のページへリンク





鵠沼スケートパーク ホームページ
http://www.s-n-p.jp/skatepark/information/




| サーフニュース | 06:10 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.477275秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo