基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【湿度差では風は吹かないが温度差では風が吹く】


春と夏の間が梅雨前線、夏と秋の間が秋雨前線。

どちらも夏が関わるのは夏の気温上昇が雨を降らせる水蒸気を空気中に多く溜め込むから。


気温差で降るのが秋雨なら、湿度差で降るのが梅雨。


同じ雨でも理由が違うとなると波はどんな特徴があるのか?



これから夏がやって来る時、南の海上からは南風と共に湿度、ウネリ、カツオノエボシが日本列島に到達する。

弱い南ウネリはブレイクしにくいので梅雨前線上に低気圧が発達して風が吹くのを待つか、前線の北側の北東風に押されて外海の東ウネリが入るのを待つしかない。

梅雨時に波が少ないのはこれが原因。


秋到来は北から弱い寒気が日本海を覆い始めることで始まる。

この時、日本列島は夏の空気があるので寒気がその下に潜り込んで雨が降る。

温度差がある秋雨前線の方が風が強くなりやすく、遥か南海上に台風がある場合はなおさら波に期待だが、秋雨前線の北側の風が強すぎるとオフショアが強まり過ぎてウネリが抑えられる事もあり。


同じ状態が続かない季節の変わり目はウネリが持たないので、強烈なウネリの元(台風)が存在しやすい秋雨前線の方に軍配が上がる。




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.454763秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo