基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【前線ブロックも受けず、なんとオフショア。停滞前線が消えるタイミングが注目点】


太平洋側から台風接近、しかし(梅雨or秋雨)前線が台風とポイントの間に存在する時、いわゆる「前線ブロック」でウネリが入らない事が予想される。

これは前線の北側が北東風で南側が南西風の為に風でウネリがつぶされるケース。


しかし直前まであった前線が天気図上から消えた場合、風はどうなるのか?



そもそも台風接近で前線が消えるとは、暖かく湿った空気が充満して前線(大雨の降りやすい線)がどこか引きにくい程に前線の幅が広がってしまった大気の構造となる為、天気図へ前線が描けないのだ。

当然前線ブロックはないが、台風の東側は南風なので太平洋側はオンショアビンビンかと思いきや、意外に北風オフショアか無風でウネリも入って来るから最高のコンディションとなる。

天気図上は台風の東側は南風でジャンクの筈だが、消えた停滞前線の残骸(下層の風)は残っている。


前線の南北の北東風と南西風は弱まりながら残るので、風が弱かったりオフショアだったりする奇跡。

台風ウネリを届かせる程に接近したとき、天気図から前線が消えるのがそのサインなのだ。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.681081秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo