基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【猛暑、酷暑の原因】


陸地の面積が大きい北半球は圧倒的な夏の日射でまず大陸が暖められる。

特にチョモランマのあるチベット辺りは8千m級と標高が高く、考えようによっては上空に突き出した熱源とも言える。


熱源はその周りの気塊を暖めると暖気は軽いので上昇流となり、山肌付近は雲が湧いて低気圧となる…

山で天気が崩れ易い理由である。



で上昇した気塊はどこへ?

空にも天井がある1万m辺りが普通に空気がある限界とするなら、そこから上に上昇出来ない気塊が空の天井で溜まり始めてそこが高気圧化する…

これがチベット高気圧(チベッタンハイ)。


さらに日射が強まりチベッタンハイが日本列島まで伸びて覆うようになると、下層の太平洋高気圧と重なって二重構造化して強化されるので、このとき猛暑酷暑となる。


チベッタンハイは空の高い所の高気圧なので、勢力を強め始める梅雨頃はチベットで快晴となり登山アタックは毎年この時期。


山ではありがたいが、折角の夏の太平洋高気圧のヘリでもチベット高気圧に頭を押さえられて海では油照りが続き、サイズアップにつながるようなオンショアになりにくい。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.461247秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo