基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【朝一は面ツルと思い込んでいないか?】


太陽光エネルギーが届かない夜中は地面と海面で比べれば圧倒的に地面の方が冷えやすい性質。


冷えた空気は重いので、陸地(地面側)から低い方低い方へと気塊は流れてゆき海まで到達して海上に流れ出る。

この陸風が朝のオフショアで面ツルの理由。


日中は逆で海面より暖まり易い地面が日射で暑くなり、その上にある気塊は暖かく軽くなって上昇してゆくと、その不足分を補填するべく海から陸に風が吹く…

これがオンショア面ザワからの風波サイズアップの構造。



夕方波が良くなると信じられているのは日中風波でサイスアップしたあと、日没近くは日射が減って海風が弱まるから。

これら「海陸風」と呼ばれるが、風を支配するのは実は気圧配置の方が格上だ。


イメージしてほしい。

北半球では高気圧を右手に低気圧を左手に見て風は吹く(南半球ではこの逆)。

例えば太平洋側なら高気圧が東にあって低気圧が西にあるような場合、南風でオンショア。


目立った気圧配置がオンショアならば海陸風とは関係なく朝から面ザワになってしまう。


気圧配置は前日に判るから、こんな時は久々に寝坊が出来るのだ。






波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.436585秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo