基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



南アフリカで開催中のWSL・CTツアー第6戦『Corona OPEN J-BAY』
現地時間5日、いよいよファイナルズデーを迎えました。

サイズアップの予報だった為、そのウネリがもっと到達するのを待ったのか。
ON-HOLDを経てから、少しゆっくりめのスタートになった最終日。

ところが。
最初のヒートとなったQF・H1で、また鮫の姿が確認されます。



そのヒートで仕事をこなしていた、コナー・コフィン(USA)とウェイド・カーマイケル(AUS)
残りチョイ残しで、一旦ヒートは中断となりました。



実は前日のレトロツインでのスペシャルヒートの際も、鮫が現れたことで中断。
このエリアは鮫が普通に暮らしているので、いつ登場したって全くおかしくない。

どちらかというと、鮫の住処にサーファーが侵入しているのだ。
CTほどの大きなイベントだと、空中・水中・陸上といったあらゆる角度からその動きを凝視しているので逆に安全!?

何よりも選手の安全を優先し、ちょっとでも怪しい影を見つけたら、中断するというスタイルは。
実際に海に入っている選手にとっても、信頼につながっていくことでしょう。



これまでJベイで行われてきたコンテスト・ヒストリーの中にも、実は数えきれない鮫が出没していたのでは。
鮫対策への姿勢を一気に変えた、2年前のミック・ファニング(AUS)へのシャークアッタク。

この中断がウェイドへと流れを運んだようで、セミでは優勝候補ともいえるジョーディー・スミス(ZAF)をやぶってファイナル進出です。

もう一方のファイナリストは、フィリペ・トレド(BRA)
QFで際どい勝負でガブリエル・メディーナ(BRA)をくだし。

セミファイナルの際は五十嵐カノア(JPN)を相手に、9.57ptsと9.33ptsでがっちがちに固め余裕のラウンドアップ。



しかも飛びはほとんど披露せず、ほぼターンで数字を稼ぎ続けたフィリペ。

新たなウネリが届き始める中、とにかくフィリペが止まらない!
決勝ではウェイドの板が波と平行になる時間が多いのに対し、フィリペは垂直になっている光景が目立ちます。

ギャビーを負かしたときから、とにかく黄色ジャージィが欲しいと強く語っていた、その夢のジャージィ。
ランプがなくたって、勝てることを完全に証明してみせましたね!



2年連続優勝というご褒美付きで、「俺の番がきた~♪」と、やっと初めてそのジャージィを手に入れることに成功したのでした。

これまで黄色を身に着けていたジュリアン・ウィルソン(AUS)は、QFまで残ったので2位になったまで。
日本中が気になっているカノアは今年、前半ふるわないまま南アフリカ入りとなりましたが、今回の3位で17位にまで上昇しています。

メンズの後、ウィメンズCTイベントも6日からJベイでウェイティングピリオドに突入。
ガールズは一体どのような展開になっていくのか。

経過は追ってご報告させていただきます☆ @tomofuka_yeah

Men's Final Results:
1: Filipe Toledo (BRA) 16.80
2: Wade Carmichael (AUS) 15.33

Men's Corona Open J-Bay Semifinal Results:
SF 1: Wade Carmichael (AUS) 13.77 def. Jordy Smith (ZAF) 13.30
SF 2: Filipe Toledo (BRA) 18.90 def. Kanoa Igarashi (JPN) 14.17



Men's Corona Open J-Bay Quarterfinal Results:
QF 1: Wade Carmichael (AUS) 12.87 def. Conner Coffin (USA) 10.40
QF 2: Jordy Smith (ZAF) 13.43 def. Julian Wilson (AUS) 12.96
QF 3: Filipe Toledo (BRA) 17.50 def. Gabriel Medina (BRA) 16.03
QF 4: Kanoa Igarashi (JPN) 15.17 def. Sebastian Zietz (HAW) 12.44

Women's Corona Open J-Bay Round 1 Matchups:
Heat 1: Johanne Defay (FRA), Sally Fitzgibbons (AUS), Sage Erickson (USA)
Heat 2: Tyler Wright (AUS), Silvana Lima (BRA), Bronte Macaulay (AUS)
Heat 3: Lakey Peterson (USA), Malia Manuel (HAW), Bianca Buitendag (ZAF)
Heat 4: Stephanie Gilmore (AUS), Nikki Van Dijk (AUS), Macy Callaghan (AUS)
Heat 5: Tatiana Weston-Webb (BRA), Keely Andrew (AUS), Courtney Conlogue (USA)
Heat 6: Carissa Moore (HAW), Caroline Marks (USA), Coco Ho (HAW)



| サーフニュース | 01:02 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.696549秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo