基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【「前線ブロック」という概念がなかった気象庁】


2018年梅雨時、台風5号が北上した。


太平洋高気圧が真夏のような強さで日本列島を覆い切れていないので、秋台風のストライクコースとなり太平洋側はサイズアップに期待がかかるが、風がずっと北~北東で気温が低い。

したがってオフショアだが全然ウネリが入ってこない。


台風5号と日本の南岸の間に梅雨前線があり、サーファーがよく言う所謂「前線ブロック」。


ちょうどそのタイミング。

2018年6月10日に気象庁地球環境・海洋部・海洋気象情報室の方とお話しした折、「前線ブロック」について質問したところ、「気象庁では前線ブロックなる現象で波が減衰するとは把握していない」

…つまり「前線ブロック」なんて言葉は知らない!とのこと。


数値波浪モデルで波の計算をコンピュータにさせる時は風データも加えるので、「梅雨前線の北側の北東風成分は加味されるので、それで南~南西ウネリは押さえられるのではないか」との事。

でも梅雨前線の南側は南西風なのでウネリを後押しする成分もある筈だし、そもそもサーファーなら台風接近でもサイズアップせず、前線(が切れたり消えたりして)ブロックがなくなった瞬間どーっとサイズアップしてクローズする経験をしたことがある筈。


前線ブロックって我々だけの言葉のようだが、確かに存在は体感している…よね?




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.250074秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo