基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【初夏の連続10日の南風は要注意】


2018年5月3日ごろ神奈川県鎌倉市由比ヶ浜海岸付近にて毒を持つクラゲであるカツオノエボシの大量漂着が確認された。

ゴールデンウィーク中ともあってニュースになった。


漂着したカツオノエボシは10㎝程の細長い浮き袋を持つ、猛毒の危険生物。

風船は10㎝でも毒のある触手は数mなので海で視界に入ったら触手はもう触れている可能性もある。


浮き袋が綺麗な青い風船にも見え、知らないと触ってしまう。


カツオノエボシは風船の部分が水面に飛び出て浮いて生活。

風を受けて帆船のように進む自分で移動できないクラゲ。


アメダス辻堂をチェック。

2018年4月は30日中23日が南風、これで南海上のカツオノエボシが急接近したと考えられる。


さらに5月3日までの連続10日間は南風となっていて、平均最大風速は7.7mで最終日5月3日は14.2m/sの最大風速だったためこの風が決め手となった。


人間にとって最悪最強のカツオノエボシにも天敵がいる。

「アオミノウミウシ」。

ハワイ原産のウミウシで模様や尻尾の様子がトカゲに見えることから英語圏ではSea lizardとかBlue dragonとかblue Angel(青い天使)とも呼ばれる。


世界中の温帯・熱帯の海域に分布。当然日本近海にもいる。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.476708秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo