基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



WSL・CT第4戦『Oi Rio Pro』
ブラジル時間14日、いよいよメンズのR1がスタートしました。

会場となったのは、前日までウィメンズが使用していた場所からやや移動となり。
バリーニャという、スケールの大きなジェティーみたいな突き出し付近のライトばかりのブレイク。

その突き出しの向こう側には、サクアレマ湖と海をつなぐ入り口がある為。
河口ように、かなりのパワフルさを兼ね備えていそう。


実際、バリーニャで検索すると、結構な大波の画像が出てくるし。
メンズ初日となったこの日、早速たくさんのバレルが巻いていました。

しかもセットはワイド系の波が目立ち、なかなかの男波。
R1全てとR2のH6まで進行していったので、その様子をみてみましょう。



まずR1、こちらはブラジルの選手が6人もトップ通過を果たし・・・
と言いたいところですが。何しろ今回はブラジル選手の出場数が多い!

リプレイスやワイルドカードも含め、約半数がこの国の選手。
なので勝率は、割合に比例しているみたい。

熱狂的なブラジルのギャラリー目線だと。
R1H5のガブリエル・メディーナ(BRA)、ジェシー・メンデス(BRA)、アレホ・ムニーツ(BRA)ヒートは興味深かったはず。

このヒート唯一のレギュラーフッターである、アレホがゲームをリードする形となるも。
後半追い上げ型で、ギャビーがきっちり1位抜け。

先日のウェイブプールに続き、ギャビーはロデオにハマっている様子。
ヒート中はメイクとはなりませんでしたが、ジェシーのバックハンドがかすむほど、ギャビーのハックが冴え渡ります。

ジャージィをつけて戻るブラジルのヒーローに、観衆は「MEDINA!」と絶叫。
なぬ!?地元だとメディーナではなく、メジーナって言うの??

そんなことを、今更知った次第。
ブラジールのイベントは、熱狂的かつ積極的なファンの動向を見るのも面白いです。



あまりにも日本とは違う国民性。
小さな中で暮らしていたんだなぁ、なんて思い返す瞬間でもあります。


トップ通過で目立ったのは、ピンポイントでサンクレメンテBOYS。
朝一番でフィリペ・トレド(BRA)が五十嵐カノア(JPN)とイアン・ゴウベイアー(BRA)を下すと。
(あっ、Teamブラジルか・・・)

ルーキーのグリフィン・コーラピント(USA)やコロヘ・アンディーノ(USA)らが、エアーも駆使した演技で1位抜け。
パトリック・グダスカス(USA)はR2行きとなりましたが、こちらはまだR2のヒートをこなしていない状況となっています。



そのH6までを終えたR2では。
オウエン・ライト(AUS)や、まさかのエイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)が敗退。

オウエンの不調は、弟マイキー・ライト(AUS)R1での活躍で、少しは採算を合わせられたかな。
マイキーは、バレル演技の9.10ptsを持ったジョン・ジョン・フローレンス(HAW)を抑え、R3へとジャンプアップです。

ジョンはというと、R2では非常の落ち着いた試合運びで、終始リードのまま勝ち上がりに成功。
更にサイズアップする見込みのサクアレマで、ジョンがどんな仕事をするかワクワクしますね!

気になるところでは。
カノアやコナー・柄沢・オレアリー(AUS)が、R2で直接対決が決定。

二人はR2H12にクレジットされました。
日本の皆さま、お見逃しなく♪

またツアーをリードする、黄色ジャージィのジュリアン・ウィルソン(AUS)は。



ストレートでR3へと、勝ち上がっています。

15日は予報通りサイズアップとなり、メンズのR2続きから再開しました。
一体ブラジルでは何が起こるのか、経過は追ってご報告させていただきます☆ @tomofuka_yeah

Oi Rio Men’s Pro Round 1 Results: 
Heat 1: Filipe Toledo (BRA) 13.70, Kanoa Igarashi (JPN) 13.07, Ian Gouveia (BRA) 9.73
Heat 2: Miguel Pupo (BRA) 13.10, Jordy Smith (ZAF) 10.66, Tomas Hermes (BRA) 8.23 
Heat 3: Wade Carmichael (AUS) 12.60, Owen Wright (AUS) 11.26, Wiggolly Dantas (BRA) 11.17
Heat 4: Mikey Wright (AUS) 14.83, John John Florence (HAW) 13.93, Joan Duru (FRA) 10.93
Heat 5: Gabriel Medina (BRA) 14.17, Jesse Mendes (BRA) 13.43, Alejo Muniz (BRA) 12.86
Heat 6: Julian Wilson (AUS) 12.93, Deivid Silva (BRA) 10.30, Patrick Gudauskas (USA) 8.83
Heat 7: Italo Ferreira (BRA 10.64, Connor O’Leary (AUS) 10.47, Keanu Asing (HAW) 10.36
Heat 8: Griffin Colapinto (USA) 11.60, Michael February (ZAF) 11.47, Adriano de Souza (BRA) 11.00
Heat 9: Yago Dora (BRA) 12.13, Michel Bourez (PYF) 10.67, Conner Coffin (USA) 2.87
Heat 10: Ezekiel Lau (HAW) 13.60, Adrian Buchan (AUS) 12.30, Sebastian Zietz (HAW) 6.57
Heat 11: Willian Cardoso (BRA) 11.16, Matt Wilkinson (AUS) 9.60, Jeremy Flores (FRA) 9.30
Heat 12: Kolohe Andino (USA) 13.40, Frederico Morais (PRT) 11.76, Michael Rodrigues (BRA) 7.00

Oi Rio Men's Pro Round 2 Results (H1-6):
Heat 1: John John Florence (HAW) 12.24 def. Deivid Silva (BRA) 10.94
Heat 2: Alejo Muniz (BRA) 10.57 def. Owen Wright (AUS) 10.40
Heat 3: Jordy Smith (ZAF) 12.70 def. Wiggolly Dantas (BRA) 9.94
Heat 4: Ian Gouveia (BRA) 15.53 def. Adriano de Souza (BRA) 11.83
Heat 5: Keanu Asing (HAW) 9.77 def. Michel Bourez (PYF) 9.66
Heat 6: Adrian Buchan (AUS) 12.63 def. Michael February (ZAF) 3.96

Oi Rio Men's Pro Remaining Round 2 Matchups (H6-12):
Heat 7: Matt Wilkinson (AUS) vs. Michael Rodrigues (BRA)
Heat 8: Frederico Morais (PRT) vs. Patrick Gudauskas (USA)
Heat 9: Jeremy Flores (FRA) vs. Jesse Mendes (BRA)
Heat 10: Sebastian Zietz (HAW) vs. Joan Duru (FRA)
Heat 11: Conner Coffin (USA) vs. Tomas Hermes (BRA)
Heat 12: Connor O’Leary (AUS) vs. Kanoa Igarashi (JPN)



| サーフニュース | 12:25 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.509048秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo