基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【もういつでも夏になってよい準備は出来ているか?】


自分の意志で移動出来ない植物だからこそ環境変化に一番敏感なのかもしれない。

東京のデータを拾うと、2018年春は桜の開花が平年より9日早かった(3/17)ので、花見の予定が大いに狂った。

実は桜の前の梅も平年より7日早く(1/19)、椿の開花に至っては平年より37日も早かった(1/3)。


1月3日に椿が咲いた時に気付くべきだったのか、季節が早く植物は着々と夏の準備を整えていると。



ツツジは平年より5日早かった(4/16)。

これらの植物は梅を除いて平年だけでなく去年よりも開花が早かった。

ミツバチの活動限界温度が12℃なので、あまりに早く咲いた花の実(受粉)が心配。

蜂だけでなく生き物は植物についていけない。


海も同じくで海面水温は低いまま、植物の動向から予想するとあっという間に夏になる気配。

海面水温が低いまま一気に気温が上がるパターンは海風(シーブリーズ)を誘発しやすい。


面が悪くジャンクなコンディションの風波が卓越。

植物が最も機敏に反応するのに対して、母なる海はいつも一番最後に動くのだ。


海が気候変動で本当に動き出してしまうと手が付けられない筈。




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.498964秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo