基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者



いよいよ開催が間近に迫ったWSL founders cup of surfing。

5月5日~6日の2日間、カリフォルニア州レモーにあるサーフ・ランチにて行われる国別対抗試合は、現在行われている全世界のサーフイベントの中でももっとも革新的で注目の大会となるだろう。


なんと言ってもケリー率いるUSAチーム、ミック参戦のAUSチームをはじめ世界最高のサーファー25名が選出されたチーム戦となるわけで、日本からもカノア五十嵐がワールドチームのメンバーとして参戦するため見逃せない。




2020年のオリンピックでも採用されるのか?されないのか?とにわかに噂となるほど良質な波を作り出す最先端のウェーブガーデンでの開催となるため、これは是非ともライブで観戦したいところ。

一定の間隔で全く同じ波を作り出せるウェーブガーデンはある意味、一生に一度しか出会うことが出来ない自然の波とは競技自体も異なると思われる。

今回のファウンダーズカップはWSLでも新しい取り組みになるため、これが国の威信をかけたオリンピックともなるとフィギアスケートのような「プログラム」や「フリー」といった科目による採点方式が採用されるのが一般的には分かりやすいが、どのような競技採点方式になるのかも注目したいところ。

もしそのような方式が採用されたなら競技するサーファーの独創性や技の質の高さなどが顕著に表れ採点されることになる。

もちろん世界のトップサーファーが集うので、最高峰の技の応酬になることは間違いはないとは思う。


とにかく、サーフィンという競技を知らない多くの人が見ても面白いと感じることが出来るならば、今後ウェーブガーデンによるサーフィンイベントは確固たる地位を築いていくことは間違いなさそうだ。




〔オーストラリアチーム〕
マット・ウィルキンソン
ミック・ファニング
ステファニー・ギルモア
ジョエル・パーキンソン
タイラー・ライト


〔ブラジルチーム〕
フェリペ・トレド
アドリアーノ・デ・ソウザ
ガブリエル・メディーナ
シルバナ・リマ
タイナ・ヒンケル


〔ヨーロッパチーム〕
ジェレミー・フローレス
フレデリコ・モライス
ジョアン・ディフェイ
レオナルド・フィオラバンティ
フランキー・ハラー


〔アメリカチーム〕
ジョンジョン・フローレンス
コロヘ・アンディーノ
ケリー・スレーター
カリッサ・ムーア
レイキー・ピーターソン


〔世界選抜チーム〕
ミッチェル・ボウレツ
カノア五十嵐
ジョディー・スミス
ペイジ・ハーブ
ビアンカ・ビュイテンダグ







https://www.wslfounderscup.com/


| サーフニュース | 03:53 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.461072秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo