基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



開催中のWSL・CT第3戦『Margaret River Pro』
ウェスタン・オーストラリア時間14日も十分なウネリが残り、まずはメンズR1の続きからスタート。

そしてそのままウィメンズのR1全てが進行していきました。

会場となったのは、この日もノース・ポイント。


前日よりもセットを中心にサイズダウンという印象で、何よりあの風がおさまったことでかなり落ち着いたように見えます。

しかし波自体は、相変わらず最速。
巻くばかりで抜けられない波が目立ち、なかなか数字になるものを見つけづらい状況だったといえるでしょう。



男子はエイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)、ウィリアン・カルドーソ(BRA)
セバスチャン・ズィッツ(HAW)、コロヘ・アンディーノ(USA)らがトップ通過を果たし。

最後のヒートでジョエル・パーキンソン(AUS)が、スルリとバレルをメイクしまくり。
トータル10.34ptsと、この日それまでのハイエストをまとめます。



そう、メンズはパーコの演技まで、トタールスコアが皆一桁台。
いかに波を見つけるのが難しかったのか、数字からわかるのではないでしょうか。


その後にスタートした女子は、なんと史上初めてのノースポイント勝負。
中には、初めて入ったという選手もいて、悪戦苦闘が目立ちます。



しかも前日の厄介な風まで強まり始め、干潮に向けてゲボガバは増すばかり・・・
それでもサリー・フィッツギボンズ(AUS)の豪快なターンや、カリッサ・ムーア(HAW)のキリリとしたバレルは上手かった!

それより何より、カリッサと同じヒートだったブロンテ・マコーレイ(AUS)の過激なワイプアウトが衝撃的・・・



酷い目にあったんだろうな、ムチウチは必至な感じの巻かれっぷりでした。

ガールズが入ったことでやっと。
いかに前日の波が強烈だったのか、改めてわからされました。

それは時間を経て干潮が近くなるにつれ、えらいこっちゃな展開に。
H3では、ステファニー・ギルモア(AUS)が気合で2本まとめて1位抜け。

そしてとうとう、H4ではセットが来るたびに皆でくらい、レイキー・ピーターソン(USA)でさえ小さめの波を見つけての演技。
もちろんそれではスコアにならず、肝を据えた新人のキャロリン・マークス(USA)が、少し大きめのに乗ってR3へとジャンプアップです。



しかーし、それを見ていたであろうH5の選手たちはあえてセットを待ちました。

タイラー・ライト(AUS)、タティアナ・ウェストン・ウェブ(HAW)
そしてコートニー・コンログー(USA)の怪我のリプレイスで入ったメイシー・キャラハン(AUS)

彼女たちは巻かれようとすっ飛ばされようと果敢にセットに立ち向かい、最終的にはしっかり乗りこなしちゃった!
散々くらい、前のヒートではセットをわざと見逃すような試合だったため、タイラーが乗ったセットに感動し。

タティが掴んだセットでのバックハンドの縦リップ2発はもう、鳥肌もの!
9ptsがつき、この勝負タティの勝利で終了です。



ここ、やはりかなり強烈。
あの激ヤバ波、The BOXが近所にあるノース・ポイントは、やはり巻き方が四角くなるという。

一番サイズがあるときに、メンズの選手がビビるな!と自分に言い聞かせていたと言っていたこと。
女子がてんてこまいしているのを見て、大きく納得するのでした。

そして最もヒヤヒヤしたのは、最後のH6。
ジョアンヌ・ディフェイ(FRA)と、マリア・マニュエル(HAW)でトップ争いをしていたときのこと。

両者リユニオン島、カウアイ島出身とあって、物おじせず攻めまくり。
そこへ大きなセットが入り、彼女たちの目の前で割れちゃった。

するとかなり奥に居たマリアだけ、みるみるうちに手前に戻され、危険な岩場が大接近!

A post shared by World Surf League (@wsl) on <time style=" font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px;" datetime="2018-04-14T06:02:16+00:00">Apr 13, 2018 at 11:02pm PDT</time>



それでもマリアは非常に落ち着いていて、自分の位置を確かめたりしていたのが印象的。
そこへタイミングを見計らって、一気に救助に向かったジェットスキー。

とっさの判断でスキーにつかまり、その瞬間、高速で手前に走ったところ・・・
ポコっと出ていた大きなデスロックに、ギリギリでぶつかったような乗り上げたような。

その衝撃でマリアは振り落とされるも・・・無事でした。ほっ。
本当にワイルドな地形。

その後はマリアが1本乗ったのですが、やはり板が壊れちゃっていたのかな。
途中交換しに行って戻ったところ、今度はジョアンヌが優先権を持っていた。

リードするジョアンヌが、僅差で迫るマリアをきっちりマーク。
終了1分前にマリアが乗ろうとした波にジョアンヌが乗り、その後1本セットが入ったけれどスルーしちゃった・・・

結局そのままジョアンヌが勝ち抜け。
マリアには踏んだり蹴ったりのヒートとなりましたが、冷静に対処して、勝つことしか考えていないような芯の強さがありました。

特にこのような危険と隣り合わせのノースポイントだと、どのガールズも可愛さの裏に隠された逞しさ系の魅力を再確認です。


波は今後、しばらくはサイズダウン傾向となる見込み。
となると、このウネリに大いに反応しまくっていたメインポイントが、会場使用可能となるのか?

どちらにしても、大波勝負はまだ続きそう。ウェスタン・オーストラリアですからね!
ここでは一体何が起こるのか、経過は追ってご報告させていただきます☆ @tomofuka_yeah

Margaret River Men’s Pro Remaining Round 1 Results: 
Heat 8: Adriano de Souza (BRA) 5.00, Kanoa Igarashi (JPN) 3.74, Yago Dora (BRA) 1.60 
Heat 9: Willian Cardoso (BRA) 7.53, Adrian Buchan (AUS) 5.93, Griffin Colapinto (USA) 3.83 
Heat 10: Sebastian Zietz (HAW) 5.40, Italo Ferreira (BRA) 2.90, Michael Rodrigues (BRA) 2.23 
Heat 11: Kolohe Andino (USA) 8.20, Frederico Morais (PRT) 5.93, Ezekiel Lau (HAW) 6.54 
Heat 12: Joel Parkinson (AUS) 10.34, Michel Bourez (PYF) 2.24,  Patrick Gudauskas (USA) 1.30 

Margaret River Men’s Pro Round 2 Matchups: 
Heat 1: Owen Wright (AUS) vs. Dave Delroy-Carr (AUS) 
Heat 2: Matt Wilkinson (AUS) vs. Kael Walsh (AUS) 
Heat 3: Adrian Buchan (AUS) vs. Mikey Wright (AUS) 
Heat 4: Italo Ferreira (BRA) vs. Miguel Pupo (BRA) 
Heat 5: Michel Bourez (PYF) vs. Ian Gouveia (BRA) 
Heat 6: Frederico Morais (PRT) vs. Michael February (ZAF) 
Heat 7: Griffin Colapinto (USA) vs. Yago Dora (BRA) 
Heat 8: Kanoa Igarashi (JPN) vs. Michael Rodrigues (BRA) 
Heat 9: Conner Coffin (USA) vs. Ezekiel Lau (HAW) 
Heat 10: Connor O’Leary (AUS) vs. Patrick Gudauskas (USA) 
Heat 11: Tomas Hermes (BRA) vs. Jesse Mendes (BRA) 
Heat 12: Wade Carmichael (AUS) vs. Joan Duru (FRA) 

Margaret River Women’s Pro Round 1 Results: 
Heat 1: Sally Fitzgibbons (AUS) 11.00, Coco Ho (HAW) 8.84, Silvana Lima (BRA) 5.93 
Heat 2: Carissa Moore (HAW) 13.33, Bronte Macaulay (AUS) 2.37, Sage Erickson (USA) 2.03 
Heat 3: Stephanie Gilmore (AUS) 9.56, Mikaela Greene (AUS) 6.43, Keely Andrew (AUS) 4.63 
Heat 4: Caroline Marks (USA) 7.90, Paige Hareb (NZL) 4.80, Lakey Peterson (USA) 4.24 
Heat 5: Tatiana Weston-Webb (HAW) 12.17, Tyler Wright (AUS) 11.50, Macy Callaghan (AUS) 9.34 
Heat 6: Johanne Defay (FRA) 11.37, Malia Manuel (HAW) 10.17, Nikki Van Dijk (AUS) 5.13 

Margaret River Women’s Pro Round 2 Matchups: 
Heat 1: Sage Erickson (USA) vs. Coco Ho (HAW) 
Heat 2: Silvana Lima (BRA) vs. Bronte Macaulay (AUS) 
Heat 3: Lakey Peterson (USA) vs. Mikaela Greene (AUS) 
Heat 4: Tyler Wright (AUS) vs. Paige Hareb (NZL) 
Heat 5: Nikki Van Dijk (AUS) vs. Macy Callaghan (AUS) Heat 6: Keely Andrew (AUS) vs. Malia Manuel (HAW)




| サーフニュース | 02:56 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.570427秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo