基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



ハワイ時間18日。
WSL・CTとトリプルクラウン最終戦『Billabong Pipe Maters』のファイナルズデーを迎えました。

会場ではクリーンな6ftのセットが入り、前日のバックドアに加えパイプもパックリと口を開いた朝。
地元のジョン・ジョン・フローレンス(HAW)の言葉を拝借すると、とにかくFUN!なコンディションで2017年の〆となったこの日。


まずはタイトルの行方からお伝えしていきましょう。

こちらは黄色ジャージィをまとった、ジョンが獲得。
その瞬間は。
ジョンがセミ進出を決めた次のヒートでの、ガブリエル・メディーナ(BRA)がQFでジェレミー・フローレス(FRA)にやぶれたときでした。

ギャビーは朝行われたR4でトップ通過を果たせなかったものの、R5ではこの日のハイエストとなる17.97ptsをバックドアで揃えラウンドアップ。

しかもそのR5では。
復帰したばかりのケリー・スレーター(USA)をコンボに追いやるどころか・・・



キングがバックドアに包まれた波で、優先権を駆使してドアの出口付近でテイクオフ。
完全なるコンペ魂を発揮して、QF進出となりタイトルレースを更に面白くしていきました。

が、この日はどうやらジェレミー・フローレス(FRA)の日だった様子。
ガブ君はジェレミーを前に全く波に見放され、QFであっけなく敗退。

ガブが負けたことで、2017年のタイトルが確定したジョンはそのとき。
WSL史上初かな?自宅で家族や友人に囲まれるなか、チャンピオンとなったのでした。



もちろんそこは、自分の家なので完全なるプライベート空間。
通常だとWSLのカメラがその瞬間をとらえてきましたが、今回はドローンによる空撮がやっとだったのです。

ジョン、凄いな。
育った母屋で大切な人に囲まれ、2年連続となるタイトルを手にしちゃったのだから。

後に伝えられたところによると、決まってすぐに
「ありがとう、マム。
あなたが居なかったら、これを成し遂げることはできなかった・・・」

とお母さんに告げたのだそう。
女手ひとつで男の子3人を育て上げた、母アレックス。



とてつもなく、大変なことも多かったでしょう。
この日は自宅の庭で息子が世界一になる瞬間という、地球上で極限られたものにしか味わえないご褒美となりました。

ジョンは最強によいVIBESのままセミも勝ち上がり、決勝へと進出。
次々に美しいバックドアを抜け、タイトル、そして初のマスターズになることを誰も疑わない展開になっていったのです。


しかーし前述のジェレミーに、終了間際、かなり魅惑的なバックドアが接近。
ジョンに優先権はなかったので、ジェレミーがそれを掴むのをただ傍観。



すると、そのバックドアには完璧ともいえるラインで抜けてきたのです。
そして終了のホーン。

結果を待ちます・・・すると誰もが予想した通り、ジェレミーが逆転!
彼にとって2回目のマスターズの称号、土壇場で確定です。

私が日本に居た頃、まだ使われることのなかった「ドヤ顔」という単語。
まさにラストのバレルを抜けたときのジェレミーが、その表情をしていたのだと思う。

見本のようなドヤ顔でジャッジスタンドにアピールし、ジョンの総取りフィナーレを阻止したのでした。

「ワールドタイトルの為に戦う者が勝ち上がってきて、そんな人と勝負するのは苦手だな。
俺にとって、そんなことはSUCKSだからさ。

彼らは1年を通して、めっちゃハードに仕事してきたからね。
それは、ジョン対ガブリエルになるはずだったんだろうけど・・・

ガブリエルの感情が顔にあったのを見たとき、夢を破壊しちゃったんだなって。
ギャビーをやっつけた後、おかしな気分になったんだ。」

そしてジェレミーは、こう思ったのだそう。
「でも彼らは何でも勝ってるし・・・次は俺の番だ。」

ハワイのMANAが、ジェレミーに味方した2017年の最後。
今年のWSLが全て終了し、タイトルはジョン、パイプマスターにはジェレミーという結果で幕を閉じました。



ちなみにWSLの職を蹴ってまで就任した、ジョンのコーチという職種に今年からおさまったロス・ウィリアムスによると。

「これは秘密じゃないよ。ジョンは自分自身を上手に隔離するんだ。
彼は凄く人気があるだろ、けれどそのことをジョンが好きかっていうと・・そうは思わない。

(隔離できることは)仕事を成し遂げる際、それはジョンにとって役立っているのさ。
集中するために、少し遮断する。

もしも違った方へいっちゃうと、集中できなくなって波がくるのを逃しちゃうからね。」

ロスコーチ、1年目にしてチャンピオンを完成させてちゃいましたね!
仕事が出来る人は、何をやってもgreat jobでした。

さて、トリプルクラウンの行方は・・・・♪ドラムロール
なんとパイプマスターズの本選を逃しながらも、グリフィン・コーラピント(USA)が獲得!



カリフォルニアから初となる、TCの誕生です。
サンクレメンテにとって嬉しいニュースは、グリフィンだけにとどまらず。

今年も五十嵐カノア(USA)がセミまで勝ち上がる活躍や。
イタロ・フェレイラ(BRA)といった、既にQSでのクオリファイを決定させた両者のパイプでのよい仕事により。

パトリック・グダスカス(USA)が、繰り上がりでQSからのリクオリファイが確実に。
コロヘ・アンディーノ(USA)とともに、グリフィンやパットらが、SCから2018年のCTツアーに参戦することとなりました。

長かったツアーは、やっと終了。
今年もWSLによるエンターテイメントなショーを、どうもありがとうございました。

次のCTは、スナッパーロックス。
来年はどんな年になるのでしょうね。

それではHappy Holidays☆ @tomofuka_yeah

FINAL RESULTS:
1 - JEREMY FLORES (FRA) 16.23
2 - JOHN JOHN FLORENCE (HAW) 16.16
 
SEMIFINAL RESULTS:
SF 1: JOHN JOHN FLORENCE (HAW) 12.56 DEF. IAN GOUVEIA (BRA) 12.33
SF 2: JEREMY FLORES (FRA) 12.20 DEF. KANOA IGARASHI (USA) 11.33
 
QUARTERFINAL RESULTS:
QF 1: IAN GOUVEIA (BRA) 9.70 VS. JOEL PARKINSON (AUS) 8.40  
QF 2: JOHN JOHN FLORENCE (HAW) 17.60 VS. JULIAN WILSON (AUS) 2.64
QF 3: JEREMY FLORES (FRA) 12.76 DEF. GABRIEL MEDINA (BRA) 6.04
QF 4: KANOA IGARASHI (USA) 9.57 DEF. ITALO FERREIRA (BRA) 8.67


 
ROUND 5 RESULTS:
HEAT 1: JOEL PARKINSON (AUS) 15.23 DEF. CONNER COFFIN (USA) 9.43
HEAT 2: JULIAN WILSON (AUS) 12.50 DEF. CAIO IBELLI (BRA) 7.90
HEAT 3: GABRIEL MEDINA (BRA) 17.97 DEF. KELLY SLATER (USA) 9.16
HEAT 4: ITALO FERREIRA (BRA) 6.34 DEF. LEONARDO FIORAVANTI (ITA) 0.90
 
ROUND 4 RESULTS:
HEAT 1: IAN GOUVEIA (BRA) 11.73, CONNER COFFIN (USA) 1.23, JULIAN WILSON (AUS) 0.43
HEAT 2: JOHN JOHN FLORENCE (HAW) 13.17, CAIO IBELLI (BRA) 12.87, JOEL PARKINSON (AUS) 4.53
HEAT 3: JEREMY FLORES (FRA) 15.37, GABRIEL MEDINA (BRA) 12.10, ITALO FERREIRA (BRA) 7.57
HEAT 4: KANOA IGARASHI (USA) 12.44, LEONARDO FIORAVANTI (ITA) 4.60, KELLY SLATER (USA) 4.44
 
WSL JEEP LEADERBOARD TOP 5 (AFTER BILLABONG PIPE MASTERS):
1 - JOHN JOHN FLORENCE (HAW) 59,600 PTS
2 - GABRIEL MEDINA (BRA) 53,700 PTS
3 - JULIAN WILSON (AUS) 48,650 PTS
4 - JORDY SMITH (ZAF) 47,600 PTS
5 - MATT WILKINSON (AUS) 40,700 PTS




| サーフニュース | 03:52 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.656068秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo