基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

ケリー・スレーターのウェイブプール「SURF RANCH(サーフ・ランチ)」は、その設備とクウォリティーな波で話題のスポット。

そのサーフ・ランチで、2018年よりCTツアーが開催されると発表されました!


Kelly Slater



WSLのCEO、ソフィー・ゴールドシュミット氏はこうコメント。
「今年のテストイベントやシーズンにサーフ・ランチの施設を使用したサーファー達の意見を元に、来年9月のイベントはサーファーやファンにとって素晴らしいものになる可能性がある。

我々はこの技術をどのように適用することができるかを考えており、スポーツにとってゲームチェンジするものとなるだろう。」



またWSLコミッショナーのキエレン・ペロー氏も以下のようにコメントしている。
「WSLとKSWCチームがこの一年にサーフ・ランチで開発されたものは信じられないほどのもので、カリフォルニアのセントラルバレーは今や世界的な波を誇っている。

この技術と世界のどの地域でもハイクウォリティな波を提供できる能力は、競争力を補完し発展させる可能性を広げる。」



Stephanie Gilmore
Photo.by/WSL / KENNETH MORRIS





2015年12月より、WSLのサーフ・ランチ施設の技術は絶え間ない改良と進化を遂げました。

今年の9月のテストイベントでは良い結果をもたらし、サーファー達からのフィードバックも圧倒的な支持を得て、WSLが2018年にサーフ・ランチでツアーを開催することを推奨しました。





CTコンペティターでアスリート代理人でもあるアドリアン・ブチャン氏も
「サーフ・ランチで試合が出来ることはとても素晴らしい。
カリフォルニアで400ヤードの完璧なレギュラー・グーフィー方向の波で、上手くいくことは間違いない。
私達が成長するにつれて、新しい観客にサーフィンを紹介し、的確にスケジューリング出来ることで、WSLのドラマはとても素晴らしいものになる。」
とコメント。




John John Florence
Photo.by/WSL / STEVE SHERMAN




同じくCTコンペティターでアスリート代表のセージ・エリクソン氏もこの様にコメント。
「サーファー達とWSLは長年にわたりサーフ・ランチでのイベントがスポーツに提供できる新しい機会について議論を重ねてきた。

事前にイベントをスケジューリング、ハイクォリティの波を保証、全てのサーファーに公正な機会を提供、観客にとっては全く新しいユニークな環境を提供出来る機会だ。

今シーズンのテストイベントは、フォアハンド、バックハンド、バレル、ターン、エアー、そしてタイミングなど、インパクトあるアクションをもたらしてくれた。」




2018年のWSLスケジュールについては、来週発表される予定です。

天候やコンディションに左右されがちな海でのスポーツが、サーフ・ランチのマシーンウェイブでどの様に進化をしていくのか。

また違った楽しみが増えそうですね☆



■WSLホームページ■
http://www.worldsurfleague.com/

| サーフニュース | 01:14 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.439782秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo