基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【沖では西風でサイズアップ】


西高東低の冬型気圧配置は日本の北東のアリューシャン列島付近に低気圧が発達(これがハワイノースのウネリを届ける元)し、日本の西の中国大陸には高気圧(シベリア高気圧の東の端の部分)の勢力が強まって二つの気圧差で北西風が吹く。


中国大陸の高気圧はシベリアから伸びて来た高気圧なので寒気を伴う。

その寒気が強ければ強いほど、高気圧が強く張り出す「押しの冬型」と呼ばれるパターンになる。



押しの冬型の天気の特徴は西から冷え込む事。

いわゆる中国大陸から西回りの寒気がやって来て、北日本よりも西日本(の主に日本海側)に雪を降らせるからわかりやすい。


寒気の様子を天気図に乗せて表現したときに、丁度寒気の形が鍋の底のような平らな形になる事から「鍋底寒気」と呼ばれる。

風は冷たい空気を左手に、暖かい空気を右手に見てその間を吹く性質がある。

鍋底寒気と比較的暖かい海面上の気塊の間で吹く風は西風。寒気が強烈なら風も強く大西が吹く。


冬場に太平洋側の南向きのポイントがサイズアップする原因がこれ。




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.421729秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo