基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者


手軽さと波乗り時の取り回しや扱いやすさで、すでに業界ではお馴染みになってきたソフトボード産業。

先日、業界大手のサーフボードメーカーであるサーフボードエージェンシー株式会社の展示会(サンローゼ代官山)に行ってきた際、注目のソフトボードを紹介された。


表題にもあるように、ミックファニングがデザインした、その名も「MICK FANNING SOFTBOARDS」だ。


今回はこのMFサーフボードの全容に迫ってみたいと思う。





注目は、ソフトボード初のFCS2プラグを搭載していること。


動画内で説明があるとおり、フォームはEPSで通常のサーフボードに使用されるフォームよりも密度を減らし軽量化を図った素材を使用。
また、ノーストリンガーでボトムとデッキにクロスが巻かれている。
デッキ面はIXPE素材なので、一般的なソフトボードの材質だ。

FCS2プラグなので、標準でついてくるフィンはグニャと曲がるソフトフィンだが、より通常サーフボードに近い感覚を味わいたいならばハードフィンももちろん装着可能なのだ。

ハードフィンを装着する想定なので、フィン周りのみ密度の高いフォームを使用し強度を高めて壊れにくい構造だ。



何と言ってもワールドチャンプであるミック・ファニングがプロデュースしたこともありすでにザワザワと話題になっている”MFサーフボード”。


モデルは現行で4タイプ。

 
ショートレンジで幅の広いデッキにより小波で威力を発揮するタイプの「LITTLE MARLEY」


 
ミックファニングがスナッパーの小波時に実際に使用するサーフボードを原型としたタイプの「EUGENIE」


 
小波でも素早く波をキャッチし初心者向けにちょうどよいファンボードタイプの「BEASTIE」

  

 
サーフスクール向けで安心安全タイプの「SCHOOL」


日本市場では2018年の3月頃から発売開始とのこと。


子供や初心者の方でも安心して波乗りにチャレンジ出来るGOODアイテム。
ソフトボードは一家に一本あったら色々楽しめそうですね!



さて、この展示会では言わずとしれたレジェンドの出川三千男氏シェープによるNO BRANDサーフボードも合同展示されていた。

スナップをお願いすると快く応じてくれました。




Urban Island Society






















PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.577785秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo