基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【台風接近!暑いか涼しいかでウネリの向きを占おう】


台風が発生するとその周辺海域は大荒れ、サーフィンに適したウネリが生まれtheDayはいつなのかスケジュール調整に忙しい。


台風はそれ自体が強烈な上昇流を持った低気圧だから、暖かい海面の空気をどんどん吸い上げて上層へ持ち上げる。

持ち上げられた気塊はどこかで必ず下降流となるので、台風の持ち上げた空気が落ちる所こそ今度は高気圧が強められる。


台風が近づく時「暑いか涼しいか」がポイント。



蒸し暑い場合は南の高気圧(夏の太平洋高気圧)が強められ、台風は沖縄方面から接近する筈でそうなると南西ウネリ。

更に台風が接近すると南西風が強くなり太平洋側は風クローズで通過後の風向きが変わるまで待つことになる。


逆に意外に涼しい場合は、冷涼な北側の高気圧(秋の高気圧やオホーツク海高気圧)が強められた証拠で台風は日本の東海上を進む場合が多く、南または東ウネリで風は北よりで太平洋側は面ツルだが、台風が近づきすぎると北よりの風が強まり過ぎてウネリが押さえ込まれてフラットもあり。


過ぎ去ったあと強オフショアが弱まってからのバックスエルに期待となる。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.44438秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo