基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【にわか雨のあとのひんやり空気は全部オフショア!】


雷や雹を伴う雨(雷雨)は日本海側では晩秋、太平洋側内陸部では盛夏、沿岸部では春先から初夏に起きやすい。

原理は温度差。

上層に寒気、下層に暖気があってその温度差が大きい程、積乱雲が立ち上がり大荒れとなる。


夏のあの積乱雲は言わばかき氷で、急激な上昇流と上昇途中で冷やされた水蒸気が氷の塊になってぶつかり合い発電して雷のもとが出来る。

ある程度氷の塊が大きくなると落下が始まり、それが地面に到達すれば直径5㎜以上なら雹(ヒョウ)や5㎜未満なら霰(アラレ)となる。


氷が解けた状態で地面に到達すればそれは雨。

雷雨の時は氷や雨と一緒に一気に空気も地面付近に降りてくる(冷気外出流)。

陸地で主に起きやすい雷雨の冷気外出流は海岸線まで流れ込めばそれまでのオンショアも打ち消すオフショアとなる。


内陸で黒々とした雲が立ち上がっていないか?または夕方からにわか雨または雷雨という予報があったならば、気象庁HPで高解像度降水ナウキャストをチェック。

風が変わる瞬間がそこにあるのだ。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.683275秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo