基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【戦争の頃のねつ造された台風と予報されなかった台風】


北朝鮮のミサイルが打ち上がる時の天気を確認すると晴れが圧倒的に多い。

ミサイルは雷雨では誤作動するから気象情報は軍事機密と考えられている。


1941年12月8日開戦と同時に気象管制が敷かれ天気予報は一般に非公開となった。

天気予報を一般公開すると敵国にその情報が渡って作戦に活用されてしまうからである。


1937年の日中戦争中では日本海のど真ん中に暴風雨(台風)があるという偽情報の英文気象無線通報を敵国(当時はソ連)にわざと流した。


広島に原爆が投下された42日後の1945年9月17日、九州南端の枕崎に猛烈な台風が上陸した(枕崎台風、916.7ヘクトパスカル!)。

サーフィンはこのころまだ日本になかった筈だが、その一週間ほど前から太平洋側には極上のウネリがヒットしていたに違いない。


終戦間もないため通信網は不通で天気予報もなかったの為、誰にも予想出来ない台風だったのだ。

予報なく台風が来るとどうなるか? 結局死者1970人、行方不明者1030人。


予報を見て波乗りできるとは平和に証なのだ。





波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-





| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.45227秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo