基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【ウエットセレクトに影響?!鮪の味とマイワシとスルメイカの値段】


2017年近海鮪の味がいまいちとか、鮪の餌となるスルメイカがここ数年激減しているからだ。

20万トン前後取れていたスルメイカが2015年で13万トン、2016年は6万8千トン。

値段は二倍に跳ね上がった。


スルメイカは冬に東シナ海でふ化して太平洋を北上する群れと、秋に北陸から長崎対馬の海で生まれて日本海を回遊する群れがある。

産卵場の東シナ海の海水温度が低く冬生まれの群れの激減した。



2017年の初夏も水温が低くてなかなかウエットが脱げなかった。

太平洋ではアラスカ沖から赤道付近までの海水温が高い海域と低い海域の分布が10から20年周期で入れ替わっている(太平洋十年規模振動PDO)。

日本周辺は70年代半ばまで水温が高く、80年代は低く、90年代は高かった(先輩サーファーに聞いてみよう!)。


スルメイカと逆の存在がマイワシ。

マイワシは低い水温を好み、冬から春にかけて太平洋側の海が冷たいと豊漁になり値段が下がる。

そんな時はアリューシャン列島付近で冬の低気圧が発達し、北西の季節風が強まる天気。


つまり日本海側がサイズアップとハワイノースに波が出やすい時はマイワシが安くなる前兆。




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:11 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.636366秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo