基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



ラウンド・オブ4が行われたのち、サイズアップするもコンディションが整わずにいたWSL・CT第4戦『Oi Rio Pro』
ブラジル時間17日、いよいよ風がおさまる傾向となり、ファイナルズデーを迎えました。

リオ・デ・ジャネイロ州のサクアレマにある、会場のプライア・デ・イタウナでは。
6-8ftという十分なサイズで、まずは続きとなるR5からスタート。


ほぼレフト波ばかりでの勝負となり、まずビーチが沸くことになったのはR5・H2でのガブリエル・メディーナ(BRA)とヤゴ・ドラ(BRA)での対戦。
かなりの接戦のまま残り7分をきる頃・・・ヤゴがに必要なスコアは6.27ptという現実的な数字で、3発の大きなターンを示し逆転に成功。

すると終了間際にギャビーがグラブレイルでビッグエアー!
更にはすぐ裏の波でヤゴがフルローテーションで高く飛び、メイクしちゃったのです。

ギャラリーは大喜びのお祭り騒ぎで、一気に沸点越え。
さぁ、どちらがが勝った?



コールされたのは、なんとワイルドカード出場のヤゴの勝利!
その勢いのままQFではミック・ファニング(AUS)をやっつけ、見事SF進出となりました。

が、その勢いをストップさせたのは、彼のコーチを務めたエイドリアーノ・デ・ソウザ(BRA)でした。
そして彼らが試合のときにコーチとなったのは、両者ともにヤゴのお父さん。

朝からほぼパーフェクトなスコアを出しまくっていたエイドリアーノの絶好調オーラは、もはやヤゴでもかなわず。
大差をつけファイナルへ進出です。


そのファイナルでも、エイドリアン・バッカン(AUS)を相手に、常にリード。
途中エースに9.20ptを許したりもしましたが、一度も形成逆転されることなく優勝となりました。



勝ったエイドリアーノも、それを見守った群衆もとにかくパッション!
どこからともなく合唱が始まり、自国のヒーローを称えます。

「僕をサポートしてくれている全てに感謝しています。
ブラジルのファンには、スペシャルでね!
僕をアテにしてくれ、だってゲームに戻ってきたのだから!!」

うおぉぉぉ~!!!と、地響きのようなファンの歓声。
もしもエイドリアーノが勝たなかったら、どこかに火でもつけられるんじゃないかっていうほどの勢い。



リオの貧しいエリアで育ったエイドリアーノが、地元に錦を飾ったのです。
勝利が決まった瞬間、ホーミィで銃弾により命を落としたリカルド・ドス・サントスの名前が彫られた腕を天に仰ぎます。


一方、準優勝となったエースは。



「サクアレマを本当に楽しんだよ。
この10日間、僕たちは素晴らしいサーフィングを見てきたし、ブラジルには素晴らしい波とサーファーが居ることを世界に示したんじゃないかな。」

そして今回大暴れとなったヤゴにも一言いただきましょう。
「来年のツアーに入りたいんだ。
このイベントでは沢山のことを学べたし、自信にもなってるのさ。」

第4戦を終えた時点で、エイドリアーノは一気に3位へとジャンプアップ。
黄色ジャージィは引き続きジョン・ジョン・フローレンス(HAW)、2位にはジョーディー・スミス(ZAF)という位置づけになりました。

CTツアー第5戦は6月4日からスタンバイに入る『Fiji Pro』
ちなみにこのイベントでは、ブラジルで妨害をとられジャッジ・タワーへと怒りながら詰め寄ったフィリペ・トレド(BRA)の出場停止が決まっている状況。

フィージーの経過も、追ってご報告させていただきます☆ @tomofuka_yeah


Oi Rio Pro Men’s Final Results:
1 - Adriano de Souza (BRA) 17.63
2 - Adrian Buchan (AUS) 17.23



Oi Rio Pro Men’s Semifinal Results:
SF 1: Adriano de Souza (BRA) 17.97 def. Yago Dora (BRA) 11.97
SF 2: Adrian Buchan (AUS) 16.97 def. Matt Wilkinson (AUS) 11.60

Oi Rio Pro Men’s Quarterfinal Results:
QF 1: Adriano de Souza (BRA) 18.50 def. Joel Parkinson (AUS) 11.00
QF 2: Yago Dora (BRA) 12.44 def. Mick Fanning (AUS) 12.34
QF 3: Adrian Buchan (AUS) 16.37 def. Jordy Smith (ZAF) 13.47
QF 4: Matt Wilkinson (AUS) 17.23 def. Owen Wright (AUS) 14.70

Oi Rio Pro Men’s Round 5 Results:
Heat 1: Joel Parkinson (AUS) 16.00 def. Wiggolly Dantas (BRA) 14.16
Heat 2: Yago Dora (BRA) 15.67 def. Gabriel Medina (BRA) 14.83
Heat 3: Jordy Smith (ZAF) 15.70 def. Julian Wilson (AUS) 5.13
Heat 4:  Matt Wilkinson (AUS) 14.33 def. Kanoa Igarashi (USA) 12.97

2017 WSL Men’s Jeep Leaderboard (After Oi Rio Pro):
1 - John John Florence (HAW) 24,750 points
2 - Jordy Smith (ZAF) 24,400 points
2 - Adriano de Souza (BRA) 24,400 points
2 - Owen Wright (AUS) 24,400 points
5 - Matt Wilkinson (AUS) 16,750 points



| サーフニュース | 11:37 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.76828秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo