基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【もっと波乗り用に予報が変わってゆくのかも】


波乗りは船舶と比べて極めて浅い海(浅海)で行われている。


気象庁のHPには

「波が水深の浅い海域(浅海域)に進入したときに海底の影響を受けて波高、波速、波長が変化することを浅水変形と呼びます。
実際には水深が波長の1/2より浅い場所で浅水変形が起こり、副次的に屈折、砕波などの現象も発生します。
わが国の沿岸における浅海域はほとんどが岸から数km以内に限られることから、気象庁の沿岸波浪図では浅海効果が考慮されていません。」

と明言。


ガーン当たり前だが気象庁はサーファーの為に予報しているわけではなかった。



大雑把にいって水深50m以上あれば浅海効果は考えないのが現状。


サーフィンの波の振る舞いが予報と微妙に違うのはこれが原因なのだが、2007年には東京湾、伊勢湾、大阪湾、播磨灘、有明海が。

2010年からは仙台湾、新潟沖に「浅海効果」を考慮するモデルを実験的に導入している。


この精度が安定して結果を出せば、いよいよ水深50m未満のサーフスポットも気象庁の波浪予報の対象となる。



波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール



TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-




| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.296309秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo