基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【波があるかないかの目安は通過後の北風】


梅雨の時期は波が無い。

梅雨の雨を降らせる原因は低気圧の発達ではないから、波を生む風が強まらないから。


梅雨前線の構造は北側のオホーツク海高気圧からの湿った北東風と、夏の太平洋高気圧からの湿った南西風の前線という広い面積でのぶつかり合い。

南西諸島が梅雨入りすると、梅雨前線なのか南岸低気圧なのか判断に迷う場合がある。



梅雨前線以上に風が吹き、南岸低気圧未満の低気圧点の発達。

波はどうなのか?

たとえ南西諸島の梅雨前線と繋がっていても低気圧として発達すれば太平洋側にはサイズアップの可能性あり。

最初のチェックポイントは天気図の(梅雨)前線が南北に大きくうねっているかという点。

うねって描かれてあればサイズアップあり。


そもそも天気図の前線は気象庁予報官が描くものなので予報が難しい梅雨時期はミスも多い。

そこで注目は雨の後の北風の具合。

これから夏に向うこの時期は夏の高気圧の南風になりやすいが、雨が上がり北風が強い場合こそ東海上に抜けた後に発達していたことを意味していて南岸低気圧並みのウネリは期待できる。




波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール

TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-






| 波浪コラム | 05:02 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.64931秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo