基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



連日ゴールドコーストで繰り広げられている、WSL・CT初戦『Quiksilver Pro』と『Roxy Pro』
オーストラリア時間19日もONとなり、いよいよファイナズルデーを迎えました。

会場となっているスナッパーロックスでは、4-6ftのクリーンな波で朝を迎え。
メンズのクォーターファイナルから進行。

途中、全てを洗い流すような土砂降りになったり、かと思えば陽が差し込んできたリとワイルドな天気ながら。
暦は日曜日、とんでもない数のギャラリーが、天候にやられることなく大歓声を上げ。

かつてこれほどまでに、クーランガッタのビーチが盛り上がったことがあったっけ!?
と思うほどの集客と、信じられないような結末を迎えた2017年の第1戦。


まずはメンズからみていきましょう。
注目のコナー・柄沢・オレアリー(AUS)は、朝のうちに行われたQFで、オウエン・ライト(AUS)と対戦。

かなりスローな展開となり、両者ともなかなかこれといったスペシャルなライディングを出せずにいました。
ヒート終了間際まで、コナーがリードしてはいたものの。



オウエンに必要なスコアが2.39ptだったし、とにかく1本よい演技をした者勝ちという様相に。
最後に優先権を持っていたのは、オウエン。

ホーン直前に入ったセットをコナーが乗るも、プライオリティーを駆使したオウエンがその波でインサイドまで。
するとコナ君も諦めることなく、すぐ次のセットでフィニッシュまできっちり演技。

さぁ、この勝負・・・かなり結果を待ちました。
その間、ジャッジが見ているリプレイ映像が何度も流れ・・・

正直、コナーやったね♪と思っていたところ。
コールされたのはオウエンの勝利。



ジャッジが何を欲しているのか、自分はまだまだだなぁと、わからされることに。
負けはしたけれど、デビュー戦で5位はお見事。コナーの明るい未来を予感するのに十分ですね!


そのオウエン、次のSFでも膝の負傷によりエアーを封印しているように見受けられる、ガブリエル・メディーナ(BRA)をやっつけ。
更には決勝でリップカール仲間のディフェンディング・チャンプ、マット・ウィルキンソン(AUS)をも逆転。なんと優勝です!!

ま、まさか。脚本家はいません。これは真実です。

2015年のパイプマスターズの直前。
タイトルレースに関わりながらも頭をリーフにヒットしてしまい、脳内に血が流れ込んでしまいます。

それがいかに恐ろしいことか。

試合に出られないのはおろか、お見舞いにくる友人のことさえ思い出せない。
日々「脳しんんとう」の症状に悩まされ、サーフィンはおろか生活さえままならなかった2016年。

まずこれだけでも悲しいシナリオ。残酷過ぎて、思いもつかないほどだ。
それでも昨年は妹がこのイベントで優勝するのを見守り、俺が居たいのはあそこなんだ!と強く思っていたのだそう。



真実の厳しさは、オウエンの姿で一目瞭然。
すっかり痩せて、時折年配みたいに見える時があった。
度を越える苦労は、人を老けさせるってこと。

落ちた筋肉の量は、相当なものだろう。
けれども復活戦で優勝ですよ、これが現実なのだからオウエンがもっているものは半端ない。

自信が戻れば喜びで細胞がどんどん活性化し、以前のオウエンの姿に戻るのはすぐ。
人間ってすごい、宇宙の何かか神様かはわからなけれど、そっちもすごい。

オウエン・ライト、誰よりもヘルプしてくれた家族全員が見守る中、黄色ジャージィを獲得です!
その様子を見ながら彼よりも涙した人、世界中で何万人規模かもしれませんね。



家族が居なかったら、この怪我を克服することはできなかったと話すオウエン。
私が住むアメリカでは、家族はおろか産んでくれた親が誰なのかさえわからない場合も少なくない。

元々愛に囲まれていたオウエンは、今回のことでそれを改めて学び。
愛を知らずに育った者は、それがいかに重要なことなのかを初めて覚えていく。

LOVE♡まるで映画のような一日でした。

2位になったウィルコも、仲間のオウエンが勝つ度に涙し。
彼に一体何が起こっていたのか、よく知ったCTツアーのメンバーも、また感動。

天候も感動も嵐のようになったファイナルズデー、ノンフィクションのドラマです。



一方の女子、こちらはステファニー・ギルモア(AUS)が優勝!
実はステフも昨年は怪我により、いくつかのイベントをスキップ。

優勝からも遠ざかっていて、2014年以来、3年ぶりの勝利となり彼女の目にもうっすら涙が。
正にここの波が彼女を育て、ビーチに集まったギャラリーが彼女をずっと見守ってきた。

最後ステフの勝利が決まる瞬間に乗った波では、まるでコンサートのような歓声が、誰からともなくあがったのです。
イベントを通して完全に際立っていたステフ、7回目のタイトルへ向け発進です。

またもう一人のファイナリストとなったのは、レキー・ピーターソン(USA)
かなりキレていて、もし今回「インプルーブ賞」があったとしたら男女を通して明らかにレイキー。

そして彼女もまた、昨年は怪我に泣いた一人。
悔しい思いをしている間、大きな力になったのはやはり家族だったとのこと。



あと何回も口にしていたのが、ボーイフレンドの存在。
彼が大きくヘルプしていた、ということは。やっぱり愛だった♡

久しぶりのCTイベント、やはり興奮しましたね!
彼らの次の舞台はウェスタン・オーストラリアのマーガレットリバー。

こちらは29日からスタンバイ、経過はもちろん追ってご報告させていただきます☆

Quiksilver Pro Gold Coast Final Results:
1 - Owen Wright (AUS) 14.66
2 - Matt Wilkinson (AUS) 13.50

Quiksilver Pro Gold Coast Semifinal Results (1st to SF, 2nd = 5th):
SF 1: Matt Wilkinson (AUS) 15.90 def. John John Florence (HAW) 15.50
SF 2: Owen Wright (AUS) 15.74 def. Gabriel Medina (BRA) 10.44
 
Quiksilver Pro Gold Coast Quarterfinal Results (1st to SF, 2nd = 5th):
QF 1: Matt Wilkinson (AUS)  15.00 def. Joel Parkinson (AUS) 12.37
QF 2: John John Florence (HAW) 14.86 def. Italo Ferreira (BRA) 12.33
QF 3: Owen Wright (AUS) 13.00 def. Connor O'Leary (AUS) 11.76
QF 4: Gabriel Medina (BRA) 14.34 def. Kelly Slater (USA) 13.83

2017 WSL Men’s Jeep Leaderboard (After Quiksilver Pro Gold Coast):
1 - Owen Wright (AUS) 10,000 pts
2 - Matt Wilkinson (AUS) 8,000 pts
3 - John John Florence (HAW) 6,500 pts
3 - Gabriel Medina (BRA) 6,500 pts



Roxy Pro Gold Coast Final Results:
1 - Stephanie Gilmore (AUS) 16.60
2 - Lakey Peterson (USA) 12.66

Roxy Pro Gold Coast Semifinal Results (1st, 2nd):
SF 1: Lakey Peterson (USA) 18.60 def. Johanne Defay (FRA) 13.70
SF 2: Stephanie Gilmore (AUS) 16.27 def. Sally Fitzgibbons (AUS) 14.86

Roxy Pro Gold Coast Quarterfinal Results (1st to SF, 2nd = 5th):
QF 1: Johanne Defay (FRA) 13.44 def. Nikki Van Dijk (AUS) 9.50
QF 2: Lakey Peterson (USA) 17.10 def. Tyler Wright (AUS) 9.93
QF 3: Sally Fitzgibbons (AUS) 14.00 def. Keely Andrew (AUS) 13.63
QF 4:  Stephanie Gilmore (AUS) 17.50 def. Carissa Moore (HAW) 13.83

2017 WSL Women’s Jeep Leaderboard (After Roxy Pro Gold Coast):
1 - Stephanie Gilmore (AUS) 10,000 pts
2 - Lakey Peterson (USA) 8,000 pts
3 - Johanne Defay (FRA) 6,500 pts
3 - Sally Fitzgibbons (AUS) 6,500 pts



| サーフニュース | 11:36 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.989204秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo