基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: Tomomi Fukaya



オーストラリア・クーランガッタで開催中のWSL・CT初戦『Quiksilver Pro』と『Roxy Pro』

現地時間17日も、朝から男子のR2続きから始まり。
前日同様、日没までに21ヒートをこなすマラソンデイ再びです。

中には70秒も波に乗り続けていた選手が居たほど、3-5ftのロングウォールとなったスナッパー。
男女ともR3まで進行してゆき、なんとパーフェクト10が2つも出た一日となりました。



まず最初の10は、R2でのイタロ・フェレイラ(BRA)
グーフィースタンスのイタロが、ノーグラブで空中へすっ飛びだすと、そのまま540度も回転して着水。

そしてスープの前で耐えていると、波がリフォームしてきて、またエアー。
すると今度はレギュラースタンスでの着地となったにも関わらず、スイッチしたまま軽く当ててっちゃった!

540度の回転は、リプレイで見てやっと分かる。
ライブだけだと、2回転以上しているように見えてしまい、狐につままれた???状態。



ネット界では「イタリー・フェラーリ」なんていうあだ名がついているイタロ。
このヒートでは赤のジャージィを着用していたので、王道の赤フェラーリ姿でとんでもないスピンを披露したのでした。

その走行にすっかり気分をよくしたフェラーリーは、次のR3の勝ち上がりにも成功し、R4への進出を決めています。


もう一人の10は、イズキール・ラウ(HAW)
こちらはR3での出来事となり、6秒バレルによるものでしたが・・・

なんとこのヒートで、ジョーディー・スミス(ZAF)を前に敗退という展開に。
ジークはバックアップにも7ptを揃えたのに、負けなきゃならない。

CTツアー、波が良ければよいほど、確実にエクセレントを2本揃えないと勝てなくなってくる。
やはりとんでもない人たちなのだ。

また日本中が注目していた五十嵐カノア(USA) vs コナー・柄沢・オレアリーの日系対決は。
ヒート終了間際にコナ君が魅せた、ハックしまくりの1本で逆転劇という結末に。



カノアは優先権を駆使して、コナーが乗る波をことごとく阻止してヒートをリードさせていたけれどR2で敗退。
要するに1コケ、カノアにはかなり珍しい結果となってしまいました。

気になるコナーの次の相手は、ジュリアン・ウィルソン(AUS)
男子はこの日R3H7までの進行となったので、コナーのH9は次の日へ持ち越し。

コナー、CTデビュー戦の初勝利の瞬間。いよいよこの日が来ましたね!
出来ることならコナーのヒートの最中は、ワイプで母・明さんの表情も同時中継してほしいな、なんて。


メンズ、全体的にはタイトル経験のあるジョエル・パーキンソン(AUS)やエイドリアーノ・デ・サウザ(BRA)がいい感じの仕上がりでR4へ。
またこれからR3のヒートを控える、ミック・ファニング(AUS)やケリー・スレーター(USA)の動向からも目が離せません。

ちなみに、黄色ジャージィのジョン・ジョン・フローレンス(HAW)は。
まさかワイルドカードのマイキー・ライト(AUS)にやられるか!?



という厳しめのヒート運びの末、残り3分もきった優先権すらない状況下において。
手前の波に乗りターンを繰り返すうち、どんどん前が出来てきた!

最後はバレルも抜け、際どいゲームで逆転。R4行きが確定です。


さて、女子。
こちらは負けのない3人ヒートとなる、R3全てのヒートを行いました。

ガールズのスキルが上がる一方なのは、誰の目にも明らか。
驚きを伴う動きをどの選手もするものだから、どうしたってスコアも上がるばかり。

パワーハックのタイラー・ライト(AUS)やジョアンヌ・ディフェイ(FRA)らは、えぐりまくってトップ通過。
一足お先にクォーターファイナルへと名前を連ねます。

また新人のキーリー・アンドリュー(AUS)、前回のヒートでは誰!?と思わせるほどのキレた動き。
この日も落ち着いた鋭い演技を示し、サリー・フィッツギボンズ(AUS)とコートニー・コンログー(USA)の2人をR4送りにしてしまったのです。



ものすごい大型新人、現れましたね。
目を見張るターンを繰り返し、キーリーの存在を大いにアピールしています。


最後にQFへとジャンプアップしたのは、カリッサ・ムーア(HAW)
そしてこのヒートでのステファニー・ギルモア(AUS)との接戦が、もう過去に見たことがないほどのレベルに達しているではありませんか。

スナッパーといえば、Steph of rule。
華麗なターンを連発し、かと思えばダブルでバレルを狙う、超絶クールなアプローチ。

とはいえ、どれほどカッコよくてもこれは試合。
ステフはかなり長い間、バレルの中にとどまっていたけれど、本当にあとちょっとのところで潰されてしまい10に至らず。



バラエティーに富んだサクサクの動きを正確に刻むカリッサの前に、2位となり。
R4で、コートニーと勝負しなければならないことになりました。


今年の女子は、ヒート毎にファイナルを見学しているかのような気持になっちゃう。
それぞれのヒートのクオリティーが高く、ギャラリーを全く飽きさせないのだ。

どうやらよい波は続くという予想。
ものすごい勢いで、イベントは進行中です!

メンズR3の続きからスタートかな?経過は追ってご報告させていただきます☆

Quiksilver Pro Gold Coast Round 2 Results:
Heat 3: Ezekiel Lau (HAW) 12.33 def. Filipe Toledo (BRA) 11.77
Heat 4: Sebastian Zietz (HAW) 16.40 def. Jack Freestone (AUS) 14.00
Heat 5: Ian Gouveia (BRA) 11.57 def. Josh Kerr (AUS) 10.10
Heat 6: Jeremy Flores (FRA) 16.00 def. Adrian Buchan (AUS) 15.97
Heat 7: Italo Ferreira (BRA) 17.83 def. Leonardo Fioravanti (ITA) 11.70
Heat 8: Caio Ibelli (BRA) 16.80 def. Joan Duru (FRA) 10.53
Heat 9: Conner Coffin (USA) 14.23 def. Bede Durbidge (AUS) 12.73
Heat 10: Stuart Kennedy (AUS) 16.27 def. Ethan Ewing (AUS) 13.37
Heat 11: Connor O’Leary (AUS) 15.03 def. Kanoa Igarashi (USA) 13.67
Heat 12: Miguel Pupo (BRA)15.77 def. Wiggolly Dantas (BRA) 13.10
 
Quiksilver Pro Gold Coast Round 3 Results:
Heat 1: Kolohe Andino (USA) 13.87 def. Jadson Andre (BRA) 12.84
Heat 2: Adriano de Souza (BRA) 14.93 def. Stuart Kennedy (AUS) 12.07
Heat 3: Matt Wilkinson (AUS) 15.10 def. Jeremy Flores (FRA) 14.60
Heat 4: Joel Parkinson (AUS) 17.24 def. Miguel Pupo (BRA) 13.54
Heat 5: Italo Ferreira (BRA) 14.60 def. Caio Ibelli (BRA) 13.27
Heat 6: John John Florence (HAW) 15.47 def. Mikey Wright (AUS) 14.17
Heat 7: Jordy Smith (ZAF) 17.30 def. Ezekiel Lau (HAW) 17.00


 
Quiksilver Pro Gold Coast Remaining Round 3 Match-Ups:
Heat 8: Owen Wright (AUS) vs. Mick Fanning (AUS)
Heat 9: Julian Wilson (AUS) vs. Connor O’Leary (AUS)
Heat 10: Kelly Slater (USA) vs. Frederico Morais (PRT)
Heat 11: Sebastian Zietz (HAW) vs. Conner Coffin (USA)
Heat 12: Gabriel Medina (BRA) vs. Ian Gouveia (BRA)
 
Roxy Pro Gold Coast Round 3 Results:
Heat 1: Johanne Defay (FRA) 17.20, Coco Ho (HAW) 15.66, Tatiana Weston-Webb (HAW) 15.37
Heat 2: Tyler Wright (AUS) 16.93, Lakey Peterson (USA) 16.00, Nikki Van Dijk (AUS) 11.44
Heat 3: Keely Andrew (AUS) 14.77, Sally Fitzgibbons (AUS) 14.54, Courtney Conlogue (USA) 13.53
Heat 4: Carissa Moore (HAW) 16.70, Stephanie Gilmore (AUS) 16.54, Bronte Macaulay (AUS) 12.23
 
Roxy Pro Gold Coast Round 4 Match-Ups:
Heat 1: Coco Ho (HAW) vs. Nikki Van Dijk (AUS)
Heat 2: Lakey Peterson (USA) vs. Tatiana Weston-Webb (HAW)
Heat 3: Sally Fitzgibbons (AUS) vs. Bronte Macaulay (AUS)
Heat 4: Stephanie Gilmore (AUS) vs. Courtney Conlogue (USA)




| サーフニュース | 11:09 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.668484秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo