基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 管理者

【最も予想が難しい東京の雪…温暖化だからこその現象】


冬から初春の南岸低気圧で東京は雪になる。

南岸低気圧だから当然東日本を中心にサイズアップして波最高。


東京で雪=TheDayと思いがちだが、近年様子が違う。

地球温暖化で北半球北極の寒気は熱の壁で極側に押し込められている時間が長くなった。




さすがに冬の最も寒気が強くなる日本の寒の入り頃は、押し込められて溜まりに溜まった寒気がダムが決壊するごとく南側に吹き出す時がある。

こうなると日本列島は九州南部まで寒気(上空1500mで-6℃)にすっぽり覆われる。

空に水を撒けば全て凝結して雪になってしまう「降れば雪の寒さ」とはこのこと。

東京でも全国どこでも寒気がすっぽり覆うとあとは南岸低気圧が来なくてもちょっとした風のぶつかり(シア)があればそこで上昇流が起きて雲が出来、降水現象となり降る雨は雪にかわる。

風がぶつかるレベルなんて、波が立つ条件「海上で同じ方向に長い距離長い時間吹く風」とは全く違った性質の短い時間の現象だから、この雪は「にわか雪」と予想される。


にわか雪では波たたないのだ。



波浪コラム担当
小林 豊気象予報士プロフィール

TBSアナウンサーで、唯一気象予報士の資格を持ちサーフィン命で湘南に移住、TBS屈指の遠距離通勤者。
低気圧の位置で自分の予定を決めるくらい、天気とサーフィンのことしか考えていない。
海でお目にかかったら波の事聞いてください!



過去記事一覧
http://www.i92surf.com/blog.php?c=21-









| 波浪コラム | 05:00 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 0.7091秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo