基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ



アメリカのイーストサイド・ヴァージニア州では、現地時間19日よりASP4☆『Vans Pro』が開催され、25日にファイナルデーを迎えました。

会場となっていたヴァージニアビーチは、郊外型のまち。ちょっとノスタルジックな、ある意味、正統派ともいえるおみやげ屋さんがあったりする観光地。
スマッシュヒットな音を次々とつくりだす、天才Pharrell Williamsのホームでもありますね!

そんなビーチに、ハンティントンのUSオープンMINI版の如く、ブースが所狭しと並び、ギャラリーを集めます。



最終日は、オンショアが強い2-4ft(オフィシャル発表)となった1stストリート・ジェティー。

今回は日本から新井洋人、稲葉玲王、大澤伸幸、大橋海人、大原洋人、加藤嵐、辻裕次郎の総勢7名が現地入りし。
見事、茅ヶ崎の大橋海人(JPN)がファイナルへ進出です!

決勝は4人の25分ヒート。風波系だったため、消えてしまいがちながら波数的にはさほど心配なく。
まず最初に数字なる演技をしたのは、サンクレメンテのパトリック・グダスカス(USA)でした。



フロントとなるライト波で、大きなスプレーを上げながらフィニッシュまできっちりまとめ、7.50ptを獲得。決勝をリードしていきます。
そのパットに対抗していったのは、パワー系でおしていた、デイヴィッド・シルヴァ(BRA)

キアヌ・エイシング(HAW)と大橋選手は、風波に苦戦しこ快心の一撃が出せないまま、次々と波にトライします。

そしてヒート終盤、リードを続けていたパットに対し、デイヴィッドが逆転に必要だったスコアは6.68pt。
出るかな、どうかなぁといったまとめにかかった演技に出たスコアは・・・なんと6.63ptと、僅か0.06pt及ばす。

そのままパットが逃げ切って優勝、2位はディヴィッド、3位にキアヌ、そして4位に日本の大橋海人という結果になりました。



さて。決勝の前にはもちろん準決勝があり、同時進行となっていたプロ・ジュニアのファイナルも行われ。

大原洋人(JPN)も、活躍!
特にジュニアのイベントでは、ASPニュースで大々的に取り上げられるほどのサーフィングを見せ、決勝へ。
4☆では、大橋選手に抑えられセミで3位敗退となったものの、世界中の赤丸急上昇中の選手群のなかで突出した動きでわからせたことは、近い未来に明るい何かを感じずにはいられないのだ。

「コンディションは、結構ハード。でも凄くリッパボーでいいのが時々くるんだ。
ボクはいくつかの良い波をつかめたし、このヒートをメイク出来てSTOKEDしています。



メンズイベントでも、このままいきたいです。自分にとって、ポイントはとっても大切だから。
日本から旅行してきて、このようないいイベントを持てるなんてハッピー!
そしてできることなら、明日は良い結果を残したと思っています。」

このコメントは、洋人選手がジュニアイベントでセミをトップ通過で勝ちあがった、ファイナルデー前日のもの。
もちろん、英語での受け答えです。
ちなみにコンデョションがハードと語ったのは、最終日よりもサイズが小さくて、この日もオンショア波だったから。

ジュニアの決勝では、ジョシュ&セスのモニーツ兄弟、そしてカラニ・ディヴィドというハワイアンに囲まれ。
身軽なジュニアらしく飛んだり跳ねたりする演技が目立つ中、大原選手は持ち前の太いラインで対抗。

結果はモニーツbrosに1&2フィニッシュを持っていかれたものの、堂々の3位になりました。

それでは最後に、優勝したパトリック選手のコメントを見てみましょう。

「クラシックで、とても楽しいイベント!
最後にデイヴィッドに捕らえられそうだった・・・もう少しで、勝てないとこだったんだ。
インセインだぜ♪俺は長い間、ファイナルから見放されていたのさ。



イベントを通して誰もがグレイトなサーフィングをしていたっていうのに、勝てるなんてアメイジング!!
いきなりのブラジリアンと火がついちゃったジャパニーズだろ、キアヌだって明らかにリップしていたよ。」

パトリックが不測の事態と驚くのも、無理はありません。
何しろ世界に名だたるサーファーが大勢出場していた中での、BRAZOのディヴィッドや日本男児の大橋海人、大原洋人らによる快進劇が繰り広げられたのです。

Team日本は今後、どこへ向かっていくのでしょうか。目が離せませんね☆Tomomin

 VANS PRO FINAL RESULT
優勝:Patrick Gudauskas (USA) 12.67
2nd:Deivid Silva (BRA) 12.63
3rd:Keanu Asing (HAW) 11.00
4th:Kaito Ohashi (JPN) 9.10
5th:大原洋人(JPN)、Evan Geiselman (USA)
7th: Ryan Briggs (USA)、Cory Arrambide (USA)


 VANS PRO JUNIOR FINAL RESULT
優勝:Joshua Moniz (HAW) 15.97
準優勝:Seth Moniz (HAW) 13.16
3rd:大原洋人(JPN) 11.74
4th:Kalani David (HAW) 10.90
| サーフニュース | 01:41 PM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.012719秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo