基礎知識 ブログ お問い合わせ Howto トラベル 壁紙 DVD ショッピング ホーム 波情報
 過去ログ検索
投稿者: 波通スタッフ



ブラジル・リオデジャネイロで開催中のASP・WCT第5戦『Billabong Pro Rio』は、現地時間18日、朝から日没までの明るい時間をめいっぱい利用して、ラウンド3から5の全てのヒートを一気に進行。

こなした数は、18ヒート。
まさに一日中イベントをしていたわけですから、潮位や天候で、波だって色々変化を示します。

朝は弱い風で、前日届いた3-5ft(オフィシャル発表)のウネリを残し。
日中は次第に雨雲が近づき、再びオンショアの雨模様になったかと思えば。
その雨雲が通過傾向となった途端、今度はオフショアにチェンジ。

会場となっているバハダチジューカでは、やはり基本はバレルで、そこいらじゅうに現れるランプを利用してエアーという組み立てが多く見受けられました。

そんななか、リオでのチャンプへ向け、最終日に残る8名の選手が決定です。

一日の中で最もアツいヒートとなったのは、ラウンド4のヒート4。
3人ヒートでトップの選手がクォターファイナルでジャンプアップできるこの30分で、2人の選手がパーフェクト10をスコア。

まずはジョーディー・スミス(ZAF)がサイズがあるバレルへとフロントで突っ込み、到底出口がなさそうに見えた深い場所から一気にスパットアウト!

すると今度はフィリペ・トレド(BRA)が高くノーグラブブでフルローテーションをキメ、着地後は次のバンプを使ってエアリバースをメイク。



両者共に最高点を持ちながら、結果はバックアップを準備していたフィリペが1位抜け。

また同じヒートだったミック・ファニング(AUS)はまさかのコンビネーションへ追い込まれるも、ラウンド5ではジョーディーも含め、勝ち残りに成功です。

「あれはボクにって、ツアーで初めてのパーフェクト10だった。
どんな気持ちかなんて、説明出来ないけど・・・すっごくSTOKED!
まず最初にBIGエアーを成功できてハッピーになっていたら、ヤバイ・・もう1発イケるぞって。
っで、そのセクションで2発めのエアーがきまったのさ。
とにかく今は興奮してるよ。なんて言ったらいいかなんて、わからないんだ」

18歳、ルーキーのフィリペ君。急に現れた自国の新星に、ギャラリーは大きな歓声をあげて喜びます。

観客に一番、国民性が見える気がするブラジルの人々。
例えセキュリティーが居たって、隙あらば選手に接近し。
エイドリアーノ・デ・スーザ(BRA)やガブリエル・メディーナ(BRA)が勝てば興奮し、彼らの場合はどんな演技であろうと、乗るだけで喜んで声援しているのが聞こえてくる。

ブラジリアン以外の選手は、ここがアウェイであることを否が応でも肌で感じなければならないのです。

とはいえ、ケリー・スレーター(USA)は別格のよう。



ブラジルでも人気の高いKINGは、先ほどのセキュリティーの話に戻ると、彼が前後左右をガードされていようが、ファンは触ろうとし。
更にはKINGの頭をパチパチ叩いている人まで、画面に映し出されているではありませんか!・・・アツいぜ、ブラジ~ル。

ケリーはそのような逆境にも耐え、しっかりと仕事をこなし、明日はエイドリアーノとがQF・H1に決定。

H2にはエイドリア・バッカン(AUS) vs この国で最も旬であるガブリエル・メディーナ(BRA)というカードが待ち構えます。

H3はラウンド5で生き残ったミックFに対し・・・きましたよ!トリプルクラウン男、セバスチャン・ズィッツ(HAW)
シーバスはまずラウンド3で、バレル→ エア-→ クローズセクションに当て込み→ 着地から逆サイドへ向いた瞬間に見つけたランプで再びエアー

という未来人のような動きを示し、終了間際にはバレル→ 抜けた途端、先のセクションに出来てきたチューブの中へすぐに消え、Wバレルを魅せつけます。



かと思えば。次のラウンド4では、グラブレイルで深いSICK ONEを抜け9.77pt。絶好調です。

「コンディションは、どんどん変わってるよ。
ヒート前に見ていたときは、やったぁ!ガンガン(バレルに)突っ込むぞって(笑)
でも結局バレルは1つだけで、あとはランプを探すことになったんだ。」

今回のブラジルでの目標は、クォーターファイナルだったと言うシーバス。
まずは目標達成です。どうか、チャンプも狙ってくださいね♪

そして明日のQF最終ヒートには、フィリペとジョーディーというカードになっています。

波はサイズダウンの見込み。既に吹き始めているオフショアで、どのくらいサイズが残るのか?
ウェイティングピリオドのギリギリとなっている、19日。
どんな波であろうが、スケジュールでも残すは一日のみ。経過は、追ってご報告させていただきます☆Tomomin

BILLABONG RIO PRO ROUND 3 RESULTS:
Heat 1: Taj Burrow (AUS) 12.10 def. Kolohe Andino (USA) 6.50
Heat 2: Nat Young (USA) 13.13 def. Jeremy Flores (FRA) 10.17
Heat 3: Adriano de Souza (BRA) 12.00 def. Miguel Pupo (BRA) 7.14
Heat 4: Gabriel Medina (BRA) 16.40 def. Travis Logie (ZAF) 11.77
Heat 5: Adrian Buchan (AUS) 12.94 def. C.J. Hobgood (USA) 6.83
Heat 6: Kelly Slater (USA) 19.97 def. Patrick Gudauskas (USA) 10.01
Heat 7: Glenn Hall (IRL) 12.33 def. Joel Parkinson (AUS) 10.83
Heat 8: Michel Bourez (PYF) 12.43 def. Bede Durbidge (AUS) 11.17
Heat 9: Sebastian Zietz (HAW) 17.47 def. Julian Wilson (AUS) 16.34
Heat 10: Filipe Toledo (BRA) 18.43 def. Josh Kerr (AUS) 10.67
Heat 11: Jordy Smith (ZAF) 12.17 def. Kai Otton (AUS) 9.00
Heat 12: Mick Fanning (AUS) 16.53 def. Brett Simpson (USA) 13.33

BILLABONG RIO PRO ROUND 4 RESULTS:
Heat 1: Adriano de Souza (BRA) 15.90, Taj Burrow (AUS) 9.30, Nat Young (USA) 5.57
Heat 2: Adrian Buchan (AUS) 12.77, Gabriel Medina (BRA) 11.41, Kelly Slater (USA) 7.33
Heat 3: Sebastian Zietz (HAW) 14.10, Michel Bourez (PYF) 11.84, Glenn Hall (IRL) 6.05
Heat 4: Filipe Toledo (BRA) 18.43, Jordy Smith (ZAF) 16.83, Mick Fanning (AUS) 13.20

BILLABONG RIO PRO ROUND 5 RESULTS:
Heat 1: Kelly Slater (USA) 15.10 def. Taj Burrow (AUS) 14.03
Heat 2: Gabriel Medina (BRA) 14.20 def. Nat Young (USA) 11.20
Heat 3: Mick Fanning (AUS) 14.83 def. Michel Bourez (PYF) 2.86
Heat 4: Jordy Smith (ZAF) 17.43 def. Glenn Hall (IRL) 13.63

UPCOMING BILLABONG RIO PRO QUARTERFINALS MATCH UPS:
QF 1: Adriano de Souza (BRA) vs. Kelly Slater (USA)
QF 2: Adrian Buchan (AUS) vs. Gabriel Medina (BRA)
QF 3: Sebastian Zietz (HAW) vs. Mick Fanning (AUS)
QF 4: Filipe Toledo (BRA) vs. Jordy Smith (ZAF)
| サーフニュース | 07:39 AM |






PAGE TOP ↑



 カテゴリ一覧

 過去ログ

 RSS



処理時間 1.004393秒

湘南,サーフィン,サーフショップ,サーフボード,ロングボード,スケートボード,ショートボード,サーフトリップ,ボディボード,テイクオフ,ニクソン,ビラボン,ロキシー,アルメリック,クイックシルバー,ボルコム,volcom,ウェットスーツ,スケボー,スノボー,バリ島,ハワイ,モルディブ,ラッシュガード,タッパー サーフポイント,サーフィンスクール
Copyright(c)2006 namitsu.com All Rights Reserved.
logo